悲運の名車!!トヨタがかつて生産していたわかる人にはわかる名車「1600GT」

誰もが認める名車「2000GT」には弟分の「1600GT」が存在した事を知っていますか?わずか1年余りだけ生産されたそんな名車の歴史を振り返ってみます。


トヨタ2000GTは日本のヒストリックカーとして誰もが認める「名車」ですが、その2000GTには弟分の「1600GT」が存在した事は、知らない人も多いかもしれません。

コロナベースのハイパフォーマンスカー「1600GT」

1967年5月に登場した「トヨタ2000GT」の3ヶ月後、8月に登場したのがトヨタRT55「1600GT」です。

専用ボディなどどこまでも贅沢だった2000GTとは異なり、当時のミドルクラスセダン「コロナ」の2ドアハードトップ版「T50系」のボディを強化した上で流用しており、見た目は「コロナ」そのものでした。

そのため「コロナGT」「コロG」などとも呼ばれましたが、正式名称はあくまで「1600GT」です。
そして見た目はコロナでも、その心臓には専用の1600ccツインカムエンジン「9R」110馬力が搭載され、レース用マシンの場合は150馬力以上を発揮しました。

1600GTの初陣と、その後の活躍

発売前の1966年にはプロトタイプカー「トヨタRTX」の名で鈴鹿サーキットでの第4回クラブマンレースに出場して優勝、元来「コロナ」が持っていた優れた空力やバランスを活かし、高いパフォーマンスを証明してみせます。

見た目とは裏腹に、コロナ以上のボディ剛性を持たせるため各部の補強が行われていた事も功を呈しました。
同クラスの1600ccマシンとしてはいすゞの「ベレットGT」や日産の「ブルーバードSSS」がありましたが、1600GTはそれらを寄せ付けない速さでレースを席巻します。

ついには、かつてプリンス(後に日産)がレースに勝利するために開発され、ポルシェ907とも激闘を繰り広げた事で有名なS54BスカイラインGT-B(GT-Rの先代モデル)にも勝利したのです。

 

スカイラインGT-Rとの激闘

1969年の日本グランプリに出場した1600GTには、重要な指名が託されました。
日本グランプリ初参戦となる日産渾身のマシン、初代GT-RことPGC10「スカイラインGT-R」のデビューウィンを阻止する役目です。

1600GTは一回り大きくハイパワーなGT-Rに対して不利は明らかでしたが、それまでの戦績で蓄積されたデータから有利なレース戦略を組み立てられる事、またエンジンやギア選択などセッティングもGT-R対策のスペシャルセッティングとする事で対抗し、レース終盤のゴール直前ギリギリまで何とか押さえ込みます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら