【ダイハツ max】気になる特徴、実燃費、中古車価格など

ダイハツ工maxをご存知ですか?4人乗り軽ミニバンで、L960S型の初代マックスは2001/11から生産が開始され、2005/12に生産(または販売)を終えました。今回は気になる特徴、実燃費、中古車価格をまとめてご紹介します。


「ダイハツ maxの特徴」

 

ダイハツ maxの特徴①

ダイハツmaxは2001年にムーヴなどの車高が高い車と、ミラなどのハッチバック中間的存在としてダイハツより販売された軽自動車です。 車両自体の基本コンセプトとしては全高を抑え、立体駐車場や地下駐車場などのどこにでも対応出来るセミトールワゴンという存在として注目されたモデルとなっています。  

ダイハツ maxの特徴②

そもそも軽自動車の規格が見直されて変更とする流れを汲んで、新しい目線からの高級さとスポーティさの両方を兼ね備えた方向性で売り出されています。 その走行性能は軽自動車とは思えないほどスポーティで、サイバー4WDシステムや4気筒ターボエンジンといったそれまでの同クラスの車種にはなかった高い運動性能を打ち出すと共に、躍動感のあるダイナミックなデザインを大きな特徴としておりました。 これだけスポーティさが高い走りに特化した車種だと、パーソナルユースの若者を中心とした購買層がメインターゲットとなっております。  

ダイハツ maxの特徴③

大衆的なエクステリアと裏腹に攻撃的な運動性能、そして全車で国土交通省が認定するその年の基準排出ガスが50%超の低減レベルとして適合しており、環境面でも同クラスの車両性能を凌駕する特性を兼ね備えている一台となっているのです。

「エクステリア・インテリア」  

ダイハツ maxのエクステリア

ダイハツmaxのエクステリアとして特徴的なのは、全体的にまとまった形でありながらエアロパーツが良く似合う骨太なイメージが挙げられます。 他の追随を許さない卓越した運動性能に合致した剛性の高いボディは、エンジンの性能にダイレクトに応えることが出来て運転していてとても爽快に走りを楽しむことが出来るということです。  

ダイハツ maxのインテリア

この車の特質的な部分としてダッシュボードからインパネ周りのレイアウトが特質されたデザインであることが挙げられます。 運転席のドアを開けて乗り込む際に走りを意識してしまうような攻撃的なデザインとなっており、その色合いの選択肢も幅広く用意されているのが特徴となっているのです。 また軽自動車でありながらも室内空間の広さは目を見張るものがあり、実際に乗り込んだ状態でも前席とのスペースにさらにワンクッションおいて広々とした状態でのリラックス感を味わうことが出来るのです。

「中古車価格について」  

ダイハツ maxの歴代モデル①

2001年に発表されたこの車種は初代モデルから走りに特化したイメージで若年層でスポーティな走りを楽しみたいけどそこまでの予算はないという人々のエントリーモデルで人気がありました。 パーソナルユースを楽しむ人々に人気があったのはマニュアルミッション車であり、ぐいぐいとしたトルク感が楽しめる4輪駆動にマニュアルの組み合わせは非常に高い人気を誇っていました。  

ダイハツ maxの歴代モデル②

二代目の搭乗は2003年となりますが、それまで特化していた走りをさらに極める形でグレードにも追加され、軽自動車でRSという名称が付いたのもmaxが初めてでありました。 マイナーチェンジに伴ってそれまでの走りに特化した部分はそのまま活かし、エンジン特性を見直す形で燃焼効率の改善やスポーツモデルの永遠の課題とも言える燃費性能にもメスを入れる形で進化していったのです。

「4WDのマニュアルモデルがおすすめ!」  

軽自動車としてのコストパフォーマンスとエンジンや駆動方式の長所となる部分を兼ね備えたグレードとして展開しており、高い運動性能と軽自動車ならではの回転半径の最小化によるキビキビとした走りを体感できるのです。  

おすすめモデルの燃費

4輪駆動でマニュアルの為に電子制御からの操作性を人の判断で行なう部分が多く、燃費性能でマイナスとなっている部分があります。 しかしながらカタログ上のリッター換算では15kmほどとなっており、軽自動車の数値としてはほぼ標準的で走りに特化した内容を鑑みるとかなりの低燃費であるといえるのです。  

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用

・自動車税:軽自動車となりますので一律7,200円です。

・車検代:8万円前後

■毎月かかる費用 ・ガソリン代  (1年1万km&カタログ燃費×レギュラー120円):8万円ほど ・駐車場代:自己所有により無料  任意保険代(年齢44歳、免許証ゴールド、30歳以上限定、家族限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下):17,000円ほど

「4WDのマニュアルモデルについていてほしいオプション3選」  

オススメオプション①

運転席をコックピットの雰囲気でドライビングを楽しめる要素として、パネルガーニッシュによる室内空間の上質化に貢献してるので非常に人気であり、オプション価格としては3万円ほどでそれまでの雰囲気をリニューアルすることができるのです。 同時にインパネ周りの衣替え的感覚で対応できる部位ごとの変更オプションもおすすめで、大体1万円前後でカスタマイズした自分好みのインテリアを楽しむことが出来ます。  

オススメオプション②

走りに際立った特性を持つと言うことは、足回りもその走りに合わせる形で進化させることができます。 ショックアブソーバーを社外品に変えることで走り自体の質が改善するのと、ホイールとタイヤのセットを一新することでワンランク上のエクステリアと運転性能を入手することが出来るのです。 前者のアブソーバー部品は15万円ほどで、後者のホイールとタイヤのセットが35万円から40万円ほどとなっています。

「まとめ」

ダイハツmaxの卓越した印象はやはり軽自動車離れした運転性能とハイスペックなエンジンおよび駆動伝達方式、そしてタービン搭載による高い次元での走りなどが挙げられます。 走りだけに霞みがちですが、インテリアにおける運転席の装備一覧はいずれも気分を一新させることのできるガーニッシュ的なアイテムで出迎えてくれること請け合いとなっているのです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション