20代でも維持できる!おすすめでかっこいいコンパクトスポーツ4車

新車で軽ホットハッチに乗りたいならば唯一無二のスズキ アルトワークス

2017年5月現在、十分な動力性能を持ち走りを第一に意識した国産コンパクトホットハッチ自体が数少なく、それも軽自動車となればスズキ アルトワークスが唯一となります。

自主規制値いっぱいの64馬力を発揮するR06A型660ccターボエンジンを搭載し、この代のアルトで大幅に軽量化されたボディによる俊敏な走行性能、そしてミッションは5速AGS(シングルクラッチ式セミオートマ)に加え、5速MT。

もちろんハッチバック車なのでラゲッジ容量は十分で4名乗車も可能、日常での使い勝手に不足は無いので、車をそう何台も持てない環境ならば、最高のチョイスと言えるでしょう。

唯一の難点はモータースポーツ用途に不可欠な機械式LSDがアフターパーツとしても販売されていないことや、チューニングに必要なメンテナンス性に若干の難があることですが、何しろほかにライバルがいないのです。

速さだけで言えば旧規格時代のアルトワークスの方が断然速いのですが、さすがに20年前の旧車の維持は2010年代の20代青年には少し荷が重いところでしょう。

新車にせよ中古車にせよ、オススメは現行モデルです。

【歴代モデル中古車:1.8~297万円】

1989年末以来、いつでも僕らのそばにいたマツダ ロードスター

車にかかるコストが購入費用のほか維持費だとすれば、後者を安価に抑えるにはとにかく販売し続けることが必要です。

その意味で、1989年のデビュー以来2017年5月現在まで絶やさずモデルチェンジを繰り返しながら生産されてきた日本唯一のスポーツカー、ロードスターこそが、若者にもふさわしいコンパクトスポーツということになります。

3代目のNC型や、電動トップを持つ現行のND型ロードスターRFが2リッターエンジンを搭載していたのを除けば、NA型、NB型は1.6~1.8リッター、ND型(ソフトトップ)に至っては1.5リッター車です。

税金も安いですし、維持費の面で困るのは古いものだと車齢30年に迫るNA型ですが、これもマツダ自らがレストア事業を手がけると言っています。

若く収入が少なくとも維持できるスポーツカーと言えば、その代表と考えて良いでしょう。

【歴代モデル中古車:13.9~409.9万円】

 

中古でこなれてきたまだまだ新鋭マシン、トヨタ 86 / スバル BRZ

ほとんど快適装備の無いレーシグベースモデルですら300万円弱が下限と、「低価格FRスポーツAE86の再来」にしては随分高くつく車と失望する声もあったトヨタ 86および兄弟車のスバル BRZ。

やはり新車の頃は40~50歳代のユーザーが多く、トヨタはマーケティングを誤ったのではと言われたこともありましたが、実際にはそのあたり計算ずくだったようで、デビューから数年すると手頃な中古車が20代青年でも手が届く価格に降りてきました。

まだまだ新しいので純正部品の枯渇など維持に苦労する要素は少なく、4WDやハイパワーエンジンのような、性能は高くともいたずらに維持費高騰を招く要素も無いので、とにかく買ってさえしまえば、ロードスターと同じような感覚で維持は可能です。

オープンカーではなく2リッターFRスポーツクーペが欲しいならば、一押しというより「これ一択」でしょう。

ドリフトなどで多用されている日産 シルビアなどは、今後の維持を考えるともう若者向けにオススメはできなくなりつつあります。

【歴代モデル中古車:108.9~745.2万円】

ミラやムーヴのオープンスポーツ版だからこそ意味がある、ダイハツ コペン

軽スポーツ、ことにオープンスポーツにはいくつか選択肢があるのですが、その中でも中古でタマ数が多く価格的にも手頃、しかも維持に困らずチューニングも容易となれば、ダイハツ コペンの右に出る車はありません。

それも2012年まで10年間も生産された初代L880K型が、これからまだまだ面白くなりそうです。

電動格納メタルトップ(手動脱着ハードトップもあり)を持つオープンスポーツではありますが、メカニズム的には1998年10月に新規格へと移行した時期のミラやムーヴその他と全く同じで、ミッションなど現在の軽自動車に至るまで共通部分があります。

つまり、その気になればミラやムーヴなどの中古部品を使っていくらでも安く修理その他が可能で、チューニングパーツや純正パーツも流用できるのです。

それを活かして、1,300ccエンジンを搭載した登録者版やドリフト用FR仕様、4WD仕様など豊富なカスタマイズカーが安価に提供されています。

カプチーノやS660などほかに優れていたり新しい軽スポーツはありますが、20代青年がその決して多くない収入で目一杯楽しもうと思えば、ダイハツはよくぞコペンを10年も作っていてくれたと感謝すべきなのかもしれません。

【歴代モデル中古車:29~280万円】

 


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら