20代でも維持できる!おすすめでかっこいいコンパクトスポーツ4車

新車で軽ホットハッチに乗りたいならば唯一無二のスズキ アルトワークス

2017年5月現在、十分な動力性能を持ち走りを第一に意識した国産コンパクトホットハッチ自体が数少なく、それも軽自動車となればスズキ アルトワークスが唯一となります。

自主規制値いっぱいの64馬力を発揮するR06A型660ccターボエンジンを搭載し、この代のアルトで大幅に軽量化されたボディによる俊敏な走行性能、そしてミッションは5速AGS(シングルクラッチ式セミオートマ)に加え、5速MT。

もちろんハッチバック車なのでラゲッジ容量は十分で4名乗車も可能、日常での使い勝手に不足は無いので、車をそう何台も持てない環境ならば、最高のチョイスと言えるでしょう。

唯一の難点はモータースポーツ用途に不可欠な機械式LSDがアフターパーツとしても販売されていないことや、チューニングに必要なメンテナンス性に若干の難があることですが、何しろほかにライバルがいないのです。

速さだけで言えば旧規格時代のアルトワークスの方が断然速いのですが、さすがに20年前の旧車の維持は2010年代の20代青年には少し荷が重いところでしょう。

新車にせよ中古車にせよ、オススメは現行モデルです。

【歴代モデル中古車:1.8~297万円】

1989年末以来、いつでも僕らのそばにいたマツダ ロードスター

車にかかるコストが購入費用のほか維持費だとすれば、後者を安価に抑えるにはとにかく販売し続けることが必要です。

その意味で、1989年のデビュー以来2017年5月現在まで絶やさずモデルチェンジを繰り返しながら生産されてきた日本唯一のスポーツカー、ロードスターこそが、若者にもふさわしいコンパクトスポーツということになります。

3代目のNC型や、電動トップを持つ現行のND型ロードスターRFが2リッターエンジンを搭載していたのを除けば、NA型、NB型は1.6~1.8リッター、ND型(ソフトトップ)に至っては1.5リッター車です。

税金も安いですし、維持費の面で困るのは古いものだと車齢30年に迫るNA型ですが、これもマツダ自らがレストア事業を手がけると言っています。

若く収入が少なくとも維持できるスポーツカーと言えば、その代表と考えて良いでしょう。

【歴代モデル中古車:13.9~409.9万円】

 

中古でこなれてきたまだまだ新鋭マシン、トヨタ 86 / スバル BRZ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら