スポーツクロノパッケージ搭載のスポーティな987型ボクスター!

987型ボクスターを手に入れるなら今!!ポルシェのライトウェイトオープンスポーツカーである「ポルシェ ボクスター」。2004年デビューの2代目はよりスポーティな走りを引き出すスポーツクロノパッケージなど魅力が大幅に増したモデルです!

ボクサーエンジンを搭載したスピードスターが「ボクスター」

ボクスター 2.7ティプトロニックS SportsChrono ポルシェ 2005年式 sotarokさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]
ボクスター 2.7ティプトロニックS SportsChrono ポルシェ 2005年式 sotarokさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]www.ancar.jp

ポルシェと言えば水平対向シリンダー配置の「ボクサーエンジン」の代名詞として、日本のスバルとともに非常に特徴のある自動車メーカーですが、そのボクサーエンジンと「スピードスター」というポルシェ独自のオープンカー呼称を掛け合わせた造語「ボクスター」を車名としたライトウェイトオープンスポーツは、1996年の登場以来大人気です。
ユーノス・ロードスターが再び切り開いた「ライトウェイトのオープンスポーツカー」というジャンルが大ヒットして各自動車メーカーがこぞって参入した時のポルシェの回答がこのボクスターで、主力スポーツの911と比べるとパワーは控えめに抑えつつ、911とはエンジン配置が異なるミッドシップレイアウトでコーナリング性能は秀逸!
ポルシェのエントリースポーツという位置づけながら、911とデザインイメージは共有している事で、ポルシェ一族に乗っているという満足感を911などより安価に得る事ができます。
今回は初代の986型に続く2代目987型の2005年モデルがAncarに出品されました!

2代目987型からは安全性能も大きく進化

基本的には初代より若干大きく(全長はプラス10mm、全幅はプラス20mm)なりつつ、エンジンパワーも若干引き上げられているので力強い走りと優れたコーナリング性能はそのまま引き継いでいるのが2004年デビューの2代目です。
最大の特徴はPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)とポルシェが名付けたスタビリティコントロール(横滑り防止装置)が、初代986型ではオプションだったのに対して2代目987型では標準装備となっている事です。
アンダーステアやオーバーステアが発生すると自動的にブレーキを四輪独立制御してコーナリングラインの逸脱を防ぐシステムで、オン/オフ切り替えシステムは当然ついているものの、オンにしていれば安全性はかなり高まります。
ミッドシップスポーツカーは車体重心にエンジンを配置する事でコーナリング性能に優れるものの、フロント荷重が不足するとフロントタイヤで十分なヨーモーメント(曲がる力)を発生できなかったり、ステアリングインフォメーションが不足する不安感もありますが、そうしたミッドシップに慣れない人には重宝するシステムでしょう。

スポーツクロノパッケージは、ボクスターを狼に変える

普段はPSMオンでひたすら従順、安全に走らせる事もできる987型ボクスターですが、今回Ancarに入庫した987型はちょうどいい事に「スポーツクロノパッケージ」装着車です。
「ノーマル」と「スポーツ」という2種類のモードへの切り替えが可能なスポーツクロパッケージを「スポーツ」にセットすると、エンジンのスロットル制御マップが切り替わってスロットルレスポンスを劇的に向上、PSMもONにしたままで作動するための介入基準が大幅に引き上げられ、単に走行ラインを外さないようジェントルに走るモードから、スピンする限界ギリギリまでドリフト気味に姿勢を作るような、攻め込む走りすらも支援してくれます。
もちろん電子制御サスペンションも「スポーツ」モードでダンパーがガッチリ硬く締め上げられるので、コーナリングで腰砕けになるような事もありません。
また、「クロノ」パッケージというだけあってダッシュボードには1/100までタイム計測可能なアナログ/デジタル一体式ディスプレイが追加されており、スポーツ走行での楽しみが広がります。

5速MTモデルもあるが、出品車はティプトロニックSなのでAT免許でOK!

987型ボクスターには5速MT(マニュアルトランスミッション)モデルもありますが、今回Ancarに出品されているのは、手動変速が可能なスポーツ5速ATのティプトロニックSが装備されているので、AT免許でのドライビングもOKです!
2009年式からは987型も現在のスポーツカーに多用されているデュアルクラッチ式の電子制御自動マニュアルミッション「PDK」(ポルシェ・ドッペルクップルング)を採用していますが、日本のように都市部での渋滞が多い場合にはティプトロニックSのようなトルコン式多段ATの方が向いていますので、ティプトロニックSモデルのクロノパッケージだと、日常使用からスポーツ走行までこなすにはちょうどよいチョイスでしょう。
そう、日常走行と言えば50km/hまであれば電動ソフトトップを作動させる事ができます。
フロント部のロック/解除だけは手動ですが、例えば渋滞でノロノロ運転、あるいは信号のタイミングが微妙など、「停止してトップの開閉」が難しい時でも、走りながら開閉ができるのも大きなトピックですね!


Ancarに出品された2005年式は11年オチとは言え走行距離は7万kmとまだまだ重い整備をしなくても十分楽しめるレベルです。
そんな十分なクオリティを持ったライトウェイトオープン2シーター、それも6気筒水平対向の、ポルシェのボクサー6を楽しめるミッドシップスポーツが260万円となれば、格安チョイスではないでしょうか?
今この時が、Ancarで安価な状態のいい987型ボクスターをゲットするチャンスですよ!

ボクスター 2.7ティプトロニックS SportsChrono ポルシェ 2005年式 sotarokさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]
ボクスター 2.7ティプトロニックS SportsChrono ポルシェ 2005年式 sotarokさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]www.ancar.jp

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら