シビックタイプR新型モデルは300馬力以上でフォードとフォルクスワーゲンを脅かす存在となる!?

ホンダ シビックタイプRはアメリカで先行販売!

今年もジュネーブオートショーが開催されました。ジュネーブオートショーに向けて新型パガーニウライアロードスターとフェラーリ812スーパーファストが発表され、ホンダからは日本が誇るFF最速のホンダシビックタイプRがジュネーブオートショーに登場しました。 そしてシビックタイプRが、ついにアメリカに初上陸します。 アメリカ人にとってシビックを始めとした日本のスポーティーセダンは改造パーツのラインナップも豊富なため大変人気で、シビックもこれまで長く愛されてきました。 そんなアメリカですから、今回のシビックタイプR初上陸でどれだけの人気を博すか、楽しみな所です。

気になるスペックは

シビックタイプRのコンセプトカーは前回のフランスパリオートショーで初登場しました。ホンダの新しいハッチバックはノーマルのシビックと同時に作られたものです。ホンダはまだ詳しいスペックを公表していませんが、最新のVTEC2リッターターボエンジンになり、ヴォルクスワーゲンゴルフRやフォードフォーカスのライバルとなるスペックで登場する事が予想されます。ただシビックのメインエンジニアがパリスショーでのインタビューの際にシビックはFWDでフォーカスRSよりもパワーが少いが、前モデルのシビックタイプRの306馬力から325馬力にアップしていますと話していました。

ホンダはシビック以外の目玉も

イギリスのホンダのウェブサイトによると新型シビックタイプRの生産は今年の夏から始まり、ヨーロッパ、日本、そしてアメリカに輸出される事になります。アメリカではタイプRの名前のシビックが販売されるのは今回初めてなので、アメリカのシビックファン待望の1台となることは間違いないでしょう。 しかし、今年のジュネーブショーのホンダの目玉はシビックだけでなく、NeuV EVのコンセプトカーも登場しました。NeuV EVは今年ヨーロッパでもお披露目された後、ラスベガスのCESでデビューします。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら