車をフリマサイトを使って高く売るための「写真撮影のコツ」

メルカリやヤフオク、ラクマなど、個人間で売買ができるネットサービスが以前から広がりを見せており、今では車に特化した専門のフリマサイトも普及しつつあります。弊社Ancarが運営しているのもその一つです。フリーマーケットのサービスというよりは、委託販売のような形式で車を自分の言い値で売ることができる上、購入前の点検や、面倒な名義変更などの手続きを代行してくれるサービスが充実しています。

車をフリマサービスなどの個人間売買で売る場合、ディーラーや買取店などお店に払うマージン等がかかりません。高く売れる可能性がある、おすすめな車の売却方法です。

フリマサービスで重要なのが「写真」。撮り方1つで車の印象や情報量がガラッと変わります。現車確認せずに取引する場合は売却金額にも関わります。
そこで今回はフリマサービスで車を売るにあたって、最も重要となる写真撮影のコツを紹介します!

売れるための車の撮影方法

撮影前の下準備がクオリティーを左右する

写真を撮ると言ってもただやみくもに撮影するのはNG。ぱっと見の印象が悪いと、値段にも影響を与えます。
まずは見た目の印象を良くすることが前提です。特に印象に左右する箇所はこちら。

ヘッドライトが白く濁っていたり、黄ばみがあると印象が悪い

ヘッドライトが曇っていたり、黄ばみなどで汚れている場合写真で見たときにかなり目立ってしまいます。そのため車の印象を大きく左右する部位になります。タオルなどで擦っても汚れが取れない時はカー用品などで売られている市販のヘットライド磨きなどを使って綺麗にしてから撮影するのも良いでしょう。

ホイールが綺麗だと大切に乗ってきたことが伝わる

ホイールの汚れもその車の印象に関わってきます。ホイールに付着したブレーキダストによる鉄粉は洗車の際、水洗いだけでは落ちにくい場合があります。ホイール洗い用の鉄粉除去剤はホームセンターやカー用品等でも売られていますので、それを使って洗うのがおすすめです。よく汚れがちなホイールをかなり綺麗にすることで、その車の写真を見た時に大切に乗ってきたと思われます。

車内の荷物が写っていると売れにくい

中古車は前オーナーの使用感があると非常に売れにくいです。なるべく使用感を無くすために車内の荷物は細かいもの(タオル、灰皿、ティッシュ箱など)も写らないように片ずけましょう。それだけで印象が全然変わるので、全て荷物をなくして撮影する様にしましょう。

西日は避けて撮影した方が良い

西日が差しているときの写真ですと、影が映ったり色が変わってしまうので、午前中に撮影するのが特におすすめです。雨の日は基本的にNGで、なるべく晴れの日に撮影しましょう。少しだけ曇りだと反射が少なく、綺麗に写るのでなお良いです。

デジカメを使わなくても、スマートフォンで十分


スマートフォンのカメラでも十分に綺麗に撮影することができます。スマホのカメラで撮影して、すぐにフリマサイトに車を出品することができるのでおすすめです。スマホで撮影する際は必ず横向きにして、しっかり両手で持ち、肘を固定してブレないように気をつけましょう。

車がスマホ画面の中心で全体像がわかりやすいように

アップし過ぎたり離れ過ぎるのもどちらもよくありませんが近すぎるより少し離れている方が全体像がわかりやすいのでいいです。
iPhoneで撮る場合は、カメラ機能の設定でグリッドを入れると中心が分かりやすく非常に撮影しやすいのでおすすめです。

エクステリアは視点を下げて撮るとかっこよく写る

エクステリアを撮る際は少し下からのアングルで撮影すると車がかっこよく見えます。

エンジンルーム内を撮るときは高い位置から

エンジンルーム内を撮影の時は冷却水の吹きこぼれがないかなどの確認もできるように少し上からの角度で全体が写るように撮影しましょう。

傷がある箇所は傷の状態が分かりやすいように


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら