日本で輸入ハイブリッド車はアリ?外車主要メーカーの日本販売モデル~VWグループ編~

ホンダの現行ハイブリッドと似た、VWのGTEシリーズ

ハッチバックのゴルフGTE、4ドアセダンのパサートGTE、ステーションワゴンのパサート・ヴァリアントGTEと、2017年4月現在3つのGTEモデルを販売しているVW(フォルクスワーゲン)。 デュアルクラッチミッションの6速DSGに駆動 / 発電兼用のモーターを内蔵し、モーター用のクラッチも追加したトリプルクラッチミッションと言うべきPHEVドライブユニットを搭載しています。 この構成はホンダがフィットなどに採用しているi-DCDと似ていますが、VWではPHV(プラグインハイブリッド)化されているのが大きな違いです。 バッテリーの電気とモーターだけで走る「Eモード」で最長50km走行可能、最高速度も130km/hに達する十分な実用性を持っています。 その他エンジンとモーターをフルに使いスポーティに走る「GTEモード」、燃費重視の「HVモード」、モーターを駆動に使わず充電に専念させる「バッテリーチャージモード」を持っており、シチュエーションに応じた使い分けはスイッチひとつで設定可能。 と、ここまでは非常に魅力的なのですが、日本車のPHVではもはや不可欠と言える100Vコンセントが無く、災害時などに電源として使う用途には全く向かないのが残念です。 いずれマーケットからの要望として追加されるのを待つしか無いでしょう。

基本的にVWのGTEと同じ、アウディのe-tron

以前はA6 / A8 / Q5にハイブリッドを設定していたアウディですが、現状はハッチバックのA3スポーツバック e-tronのみというラインナップ。 そもそもゴルフVIIの兄弟車、やや高級版という位置づけのA3ですから、モーターをミッションに内蔵したPHEVメカ、エンジンもモーターもゴルフGTEと全く同じです。 外部への給電機能が無い点まで含めてGTEと同じでアウディ独自の点はなく、純粋にゴルフGTEより少し上質な車に乗りたいと思えばA3スポーツバック e-tronを買う、それだけの話でしょう。 パサートGTEやパサート・ヴァリアントGTEに相当するモデルは、A4で今後登場するのではないでしょうか。

VW、アウディと同様のシステムをパナメーラとカイエンに搭載したポルシェ

VWグループでスポーツ部門を受け持つポルシェもまた、大掛かりに見えるものの基本的にVWのGTEやアウディのe-tronと同じPHEVシステムを搭載しています。 さすがに911やボクスター、ケイマンといったピュアスポーツには採用されず、919スパイダーのようなスーパーカーには、スーパースポーツ向けに走りのパフォーマンスを重視したハイブリッドシシテムが搭載されました。 必然的に、エコ志向のハイブリッドを搭載したのはSUVのカイエンとスポーツサルーンのパナメーラで、VWとアウディには無いPHEV仕様SUVモデルもあることから、いずれ小型SUVのマカンにも同様のモデルが追加されるのでは無いでしょうか。 2010年にカイエンSハイブリッドが追加された時はごく普通のハイブリッド車でしたが、2014年にカイエン S Eハイブリッドとパナメーラ 4 Eハイブリッドでは「Eハイブリッド」と名付けられたことからわかるようにシステムを一新しました。 すなわち、エンジンやモーターをクラッチで自在に駆動と発電に切り替えられるプラグインハイブリッド化で、デュアルクラッチミッションではなくトルコン式のオーソドックスな8速AT(ティプトロニックS)にモーターが組み合わせられます。 また、モーターも異なりますがGTEやe-tronのより出力は低く、車体が重いこともあってかモーターのみで走行可能なのは最大36km、最高速度も125km/hに留まり、一応EV走行もできるものの、主役は依然エンジンと考えた方が良いでしょう。 PHEVとして外部からの充電が可能なことや、EVモードとHVモード、パワーモードとエネルギーチャージモードがあるのもGTEやe-tronと同じで、VWグループでは特殊なモデルを除けば全て同じハイブリッドシステムということのようです。 いずれも実用性を考慮すると、外部への給電能力追加が待たれますね。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら