イタリアかフランスか?決められないならシムカ1000

のん気なフランス自動車メーカー「シムカ」

「シムカ」とは今では全く名前が残っていない自動車メーカーなので、どの国かと思えばフランスのメーカーです。 そもそもはトリノ生まれのピゴッツィなる人物が1920年代、イタリアのフィアット車をフランスで販売する権利を得たのが始まり。 当時のフランスは国産車保護のため輸入車に高い関税を設けていましたが、「最終組み立てさえフランスでやれば、フランス車だよね?」と一休さんのようなとんちを効かせ工場を設立、まんまと戦前のフランスでフィアット車を売ることに成功しました。 それを元手に1934年に自動車メーカー、シムカを設立。 やがてルノー、プジョー、シトロエンに次ぐ立派なフランス第4位メーカーに成長し、1950年代にはタルボなど他メーカーの買収すら進めています。 フィアットをバックに大舟に乗っていた気になっていたシムカでしたが、そのフィアットが1960年代の経営危機であっさりシムカの株式を手放し、前々からヨーロッパ進出の準備を進めていた米クライスラーに買収されてしまいました。 シムカ首脳陣は電撃的な買収劇に直前まで気づかず、「ウチはフィアット車さえ売ってれば大丈夫!」と信じていたと言いますからのん気なものですが、その頃開発・発売されたのがシムカ1000です。 後に日本の無印良品が「ムジカー1000」(日産K11マーチの簡素版)という車を売ってましたが、名前が似ているのは気のせいでしょうか。

フィアットベースのオリジナル車、シムカ1000

1961年に発売されたシムカ1000は、当時のシムカ車の例に漏れずフィアットの強い影響を受けていましたが、以前のようにフィアット車の名前違いや独自改良型では無く、シムカオリジナル車でした。 フィアット600をベースに、スマートで絶妙な曲線を持つ美しい4ドアセダンボディをオリジナルで開発し、リアエンジンだったのでフロントグリルは無し。 しかし丸目2灯のヘッドライトにメッキバンパーのシンプルなフロントマスクが可愛らしく、同じようなデザインのリアエンジン大衆車、ルノー8とともに大人気となりました。 エンジンはベースとなったフィアット600(663~767ccエンジン)より大きな944ccエンジンを搭載しており、それまで小排気量に留まっていた大衆車クラスを上級移行させています。 その5年後に日本で日産 サニーやトヨタ カローラ(いずれも初代)で起きたことと同じですね。

乗りこなせばスポーティ、高性能版の「ラリー」もあり

リアエンジン車なのでフロントエンジン車とは逆に前がトランクスペースでしたが、この荷室容量を稼ぐため燃料タンクはベース車と異なりリアのエンジンルームに移されました。 その結果、前後重量は文は35:65と極端なテールヘビー、フロントが軽いので旋回性能が良いというよりコーナリングで重いリアに振り回されるオーバーステア傾向があります。 ただ、その点を踏まえて乗りこなせばかなりスポーティに走れたので、エンジンを1.1~1.3リッターに強化したスポーティ版の「シムカ1000ラリー」が作られました。

スポーツクーペやアバルト版もあった!

シムカ1000には2+2シートの4人乗りスポーツクーペもあり、1962年登場のシムカ1000クーペと、1967年のシムカ1200Sクーペがありました。 1200Sクーペではリアにあったラジエターをフロントに移したので、フロントグリルとボンネット上に排熱用のルーバーが設けられましたが、元のシムカ1000のイメージを生かしつつ、流麗でエレガントなスタイルになっています。 さらにイタリアのフィアット御用達チューナー、アバルトも目をつけ、シムカ・アバルト1150を作っていました。

シムカ1000は1978年まで実に17年間も作られたロングセラーモデルで、日本では当時それほど人気は出なかったものの、ちょっとオシャレな昔のフランス車ということで、今でも時々レストアされたと思しき中古車が出てきます。 高性能版の「ラリー」はさすがに高価で600万円代ですが、通常のシムカ1000なら200万円代から購入できるので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょう?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら