BMWの直6エンジンは、なぜシルキーシックスと呼ばれるのか?

BMWの直列6気筒エンジンだけが特別にシルキーシックスと呼ばれる理由

今でこそ乗用車用6気筒エンジンは縦置き(主にFR車用)、横置き(同FF車用)を問わず直列3気筒エンジンをV型に並べたようなV型6気筒のエンジンが数多く見られます。 エンジンルームが広めの車でも前後の重心位置に近いフロントミッドシップ配置が可能になり、衝突時の安全性を高めるクラッシャブルゾーンを作るのも簡単ですし、コンパクトなのでエンジンルームのスペースがあまり広くない車でも搭載が容易なのも理由です。 この両者に搭載できることで同型のエンジンを大量生産できてコストダウンにもつながるため、今やV6と直6両方を作りわけるメーカーは皆無で、V6エンジンを作るメーカーなら全車V6エンジンを搭載します。 例外的に最近(2017年4月現在)直6エンジンを復活させようとしているのはメルセデス・ベンツですが、これは直6エンジンをV型に並べたようなV12エンジン搭載のSクラスあればこそで、通常のメーカーは直6エンジン搭載に対応していないため、復活しようが無いのです。 その中でもBMWはバランサーシャフトが不要で軽く、現実的にもっとも振動が少なく、吸気、排気ともに配管の位置やターボ化も簡単という利点をを活かして今でも直6のエンジンを搭載しています。 エンジン全長が長くフロントが長くなりがち、つまりキャビン(車室)が狭くなりがちというデメリットがあってなおメリットの方を選んだということです。 過去には「もっとも滑らかで素晴らしい直6エンジン」という意味でBMWの直6エンジンはシルキーシックスと言われていましたが、今ではほぼ唯一の直6エンジン搭載車の誇り、という意味まで含みます。

まるでシルクのような滑らかさ、と言われた「ビッグシックス」

本来の「シルキーシックス」は、1976年代に登場した5シリーズのクーペ版モデルの初代6シリーズの630CSや635CSiに搭載されていた、3 または3.5リッターの直6SOHCエンジンがその由来です。 試乗したモータージャーナリストが、その吹け上がりの滑らかさに感動して「これはまるでシルク(絹)のようだ!」と表現したのが、その始まりと言われています。 ただしこれには異説があり、それ以前の1968年に登場した大型4ドアセダン2800CSに搭載されていた2.8リッター直6説、その後1971年3.0CSに初搭載された3リッター直6説があります。 また、1968年から生産が開始されたE3系の高級セダンのBMW2500およびBMW2800を含む場合もある。 いずれにせよ、これら1960年代後半から1980年代末まで搭載された2.5~3.5リッター直列6気筒エンジンM06(1980年代半ばに「M30へと改名」)は「ビッグシックス」あるいは「シニアシックス」と呼ばれるようになりました。 旧弊なSOHCエンジンにも関わらず、シルクのように滑らかな吹け上がりから本来の「シルキーシックス」とは、この「ビッグシックス(シニアシックス)」を指すと言われています。

「シルキーシックス」のファン拡大に貢献した「スモールシックス」

その後、1990年には2~2.5リッター直列6気筒DOHCエンジンのM50が登場、前述の「ビッグシックス」に対して、こちらは「スモールシックス」と呼ばれました。 人によりビッグシックスしか「シルキーシックス」と認めない人、スモールシックスも含む人といますが、いずれにせよ2010年代のBMW車が搭載している直6ターボエンジンと「スモールシックス」があった時代は明確に区別されることが多いです。 そのスモールシックスの中でも、M3に搭載されたS50や、後継のM52エンジンはフィーリングが違うのでシルキーシックスと認めない人までいます。 「シルキーシックス」を語る時にはこうした諸説乱立していることに注意した方がいいでしょう。 ただ、2リッターから直6エンジンが設定されたことで、比較的安価な当時の3シリーズ320iに乗って「シルキーシックス」を実感したという人も多い、BMWがそのファンを増やすのに「スモールシックス」は大きな役割を果たしました。

現在のBMW直6はシルキーシックスではないのか?

2010年代に入り、BMWの2リッタークラスは直列4気筒ターボにダウンサイジングされ、ターボの設定などで出力面では従来の3リッタークラスまでをまかなうようになりました。 直6エンジンは以前の4リッタークラスに相当する3リッターターボのみになり、自然吸気エンジンの滑らかなフィーリングは失われてしまったという人も多いです。 ただ、乗用車用エンジンとしてほぼ最後まで残った直6エンジンということで、「今でもシルキーシックスは健在」という意見もあります。 今ではモーターと組み合わせた「新時代のハイブリッドシルキーシックス」なども登場していますから、これもまた物議をかもすかもしれませんね。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら