「ホンダを作った男」日本自動車史の伝説「本田宗一郎」その2「親父は最後まで技術者だった」

本田宗一郎は経営者だったのか、技術者だったのか

「本田宗一郎」という人物を「偉大なる経営者」と評価する人がいます。
しかし、実際はどうだったのでしょうか。
1948年(昭和23年)に設立された本田技研工業。1949年(昭和24年)に、すべてを自社生産で作り上げた自動二輪第一号「ホンダドリームD型」を発表しました。
その年、福島県で製材業を営んでいた藤沢武夫氏が同社の常務として加わったことで、財務や販売等の経営を一手に引き受ける事になります。
この「経営の藤沢・技術の本田」というツートップ体制が、同社を一気に日本有数の自動車メーカーに引き上げる原動力になったのです。

1954年(昭和29年)に宗一郎氏が発表した「マン島TTレース出場宣言」も、藤沢氏の進言により行われたものでした。
名番頭・藤沢氏に経営を任せたからこそ、宗一郎氏が技術者として現場に専念でき、二輪・四輪で初期の成功を収めたとも言えます。

人情の技術者・本田宗一郎

www.honda.co.jp

開発・生産現場での宗一郎氏は、一切妥協を許しませんでした。
軽自動車で高級外車のクオリティを実現するためにメルセデス・ベンツを参考とし、技術者には実際に運転させるようなことも行っていました。
常に120%の結果を求め、
「100%を目指したんじゃあ、人間のすることだから、1%やそこいらのミスをする。その1%を買ったお客さんには、Hondaは、100%の不良品をお売りしたことになってしまう。だからミスをなくすために120%を目指さなければならないんだ。」(Honda公式サイトより)
と怒鳴り、拳を振り上げ、殴りながら涙を流す、人情あふれる技術者でした。

どこまでもお客様の事を考え、心遣いの気持ちを大事にし、怒鳴るにしても相手を選んで、見込みのある人間にだけに怒るような方だったのです。

本田宗一郎の限界

www.honda.co.jp

しかしあるときを境に、宗一郎氏の頑固な職人気質が、会社の足を引っ張る結果となってしまいました。
「水冷エンジンと言っても、結局は冷却水を流したラジエターに風を当てて冷やす。それなら最初から空冷エンジンの方が、軽くて効率のいいエンジンを作れる。」
という持論があった宗一郎氏は実用乗用車に加えて、当時参戦を始めていたF1でも空冷エンジンにこだわりました。

空冷エンジンの試作結果より、宗一郎氏の理想が実現不可能なことは、皆分り切ったことでした。それでも宗一郎氏は頑として首を縦に振りません。

そして1969年、
「世界に誇れる車だから、俺を信じろ。」
と言う宗一郎氏に誰も逆らえないまま世に出された「ホンダ1300」。
何とかして水冷エンジン並の冷却を行おうと苦心した結果は、大きく、重く、複雑なエンジンで重量バランスが悪く、運転が難しい車となってしまいます。

そして、市場から大不評となった「ホンダ1300」はわずか3年で生産を終えてしまいました。

空冷エンジンを搭載したF1マシン「RA302」に至っては、ホンダ1300がデビューする前年にクラッシュ、炎上。

ついに若手の技術者も嫌気がさし、出社拒否する者まで現れました。
最後は盟友の藤沢氏からも「あなたは一技術者なのか、それとも社長なのか」と迫られて、技術者としての一線から去ることになったのです。

最後まで技術者

i.ytimg.com

1973年(昭和48年)、経営を担っていた副社長の藤沢氏と共に、宗一郎氏は本田技研工業の社長の座を退きます。

その後は顧問となっていた宗一郎氏ですが、その後にもこんなエピソードがありました。
1981年(昭和56年)に勲一等瑞宝章の授賞式のため皇居に赴く際、「正装で行かなくてはならない。技術者の正装とはツナギだ。」と、白いツナギで出席しようとして、周囲に止められたそうです。
また、当時の新型車「インテグラ」のプロトタイプを見て、テールランプの形状が日産「シルビア」とあまりに似ていたので、激怒して蹴飛ばし、壊してしまったというエピソードも残されています。
最後まで頑固な技術者としてのエピソードを残し続けた宗一郎氏は、1991年(平成3年)に84歳で亡くなりました。

その後1994年(平成6年)に「オデッセイ」がヒットしてから、本田技研工業はミニバンやSUVメーカーとしての印象を強めていきます。
しかしそれでもなお、スポーツを愛するホンダファンは、「本田宗一郎が率いて、世界に打って出た時代のホンダ」を期待しているのです。
そして今年、2015年はかつての“エス”や“ビート”を彷彿とさせるようなオープンスポーツ“S660”がデビューしました。FF車世界最速をアピールする新型シビックタイプRも発表され、「スポーツのホンダ」が復活しつつあります。
あとは天国から「オヤジさん」の怒号やスパナが飛んでこないように、同年に復帰したF1でも120%の力を出し切ってほしいですね。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?