アバルト・マジックが産んだ偉大なるハコ!フィアット131アバルトラリー

「ストラトスで勝ってどうする?」

時は1970年代、1973年に始まったWRC(世界ラリー選手権)で1974年からフィアット・グループが連覇を重ね、絶頂の時にあった頃のお話です。 当時の同グループ主力マシンはランチア ストラトスでした。 スーパーカーブームの中でもウィンドウまで含めて低く流麗なマシンで、今見てもミニ四駆の新モデルかと思ってしまうほどカッコイイ車でした。 しかし、そこでフィアットの首脳陣は悩んでしまいます。 「別にフィアットはスーパーカーメーカーでも無いし、イメージリーダーとしてのストラトスの役割はいいけどあまりにもイメージが先行しすぎており、フィアットが売りたい大衆車とはかけ離れすぎるんじゃないか?」 今でもF1に参戦したはいいものの、そのイメージを市販車にフィードバックするのがうまくいかず、結局すぐに撤退してしまう自動車メーカーが多々あります。 それと同じ悩みに当時のフィアットも苦しんでおり、ラリーでの勝利が販売面に直結するように市販車ベースのラリーカーを作ることにしました。

ベースとなったフィアット131

そこでベース車として白羽の矢が立ったのは、2 / 4ドアセダンおよびステーションワゴンがラインナップされていた1.2~1.5リッタークラスの小型大衆車フィアット131です。 先代のフィアット124に設定されていたクーペやスパイダーといったスポーティなモデルは設定されない純然たる「ハコ」の大衆車でしたが、それゆえにラリーで活躍すれば新モデルを開発するより早くて安上がりと思われたのでしょう。 それ自体は日本から見ればイタリアンルックと思えるシャレたデザインかもしれませんが、イタリア車として見れば凡庸な3BOX乗用車でした。 セダンは普通にボンネットとトランクを持ち、サイドに一本引かれたラインが辛うじてチャーミングと言えるくらいで、「ダイハツから出た新型シャルマンです」と言われても信じてしまいそうです。 しかし、だからこそこの車でラリーに勝てば、確かにインパクトはありそうでした。

市販車ベースでこっぱやい車を作るアバルト・マジック!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら