マツダが新型ロータリーエンジンを水面下で開発中…ついに捉えたその証拠!

二転三転するロータリー復活の噂…今度こそは本当か!?

マツダが何で有名かと言えば、少なくともエンジンに関しては、ロータリーエンジンと言って間違いではないでしょう。 しかしながら、(多少は燃費も悪いながら)非常にユニークな存在である、そのロータリーエンジンを搭載したクルマと言うと「RX-8」が最後のモデルとなっているのも事実です。 こちらは2012年に生産を終了しています。

ロータリーエンジンの復活についてはその後も噂が絶えず、しかもロータリーコンセプトとして「RXビジョン」なる魅力的なモデルを公開しているにもかかわらず、マツダの幹部は新規の本格的なロータリー計画については否定的な発言を繰り返してきました。 しかしこの春になって、実際はその逆であることが証明されました。 『オートブログ』が綿密な調査を行ったところ、マツダがアメリカの特許局に対して、複数の新たなパテントを登録していることが判明したのです。

環境対策もバッチリ、特許申請中の新型ロータリー機構に注目

そのパテントの1つ目は、BMW「i3」と同じような仕組みの、レンジエクステンダー型EVとなっています。 つまり機構としては、前輪を駆動する電気モーターと、発電機にエネルギーを供給するためのガソリンエンジンを搭載したものです。 車体中央部には、リチウムイオン電池が搭載されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら