ルパン三世が愛した旧「フィアット500」こと「チンクチェント」

2015年10月、あのモンキー・パンチ原作の名作アニメ「ルパン三世」の新シリーズが始まりました。

30年ぶりの新シリーズのPVをもう見た人も多いかと思いますが、そこに登場するルパン一家の愛車はあの懐かしき「フィアット・500(チンクチェント)」。
映画「カリオストロの城」などでの大活躍をご記憶の方も多いでしょう。

フィアット500は近年になってフィアット自身によりリメイクモデルが販売されています。
ここでは、ルパン一家が使っている旧「フィアット500」こと「チンクチェント」(以下、チンク)がどのような車かを紹介します。

 

チンクチェントの登場50周年を祝い、デザインをそのまま使った4代目フィアット500についての記事は

以下よりご覧いただけます。

ルパンは乗っていない、新しいチンクチェント

実はあの「チンク」は二代目

画像引用 ja.wikipedia.org

フィアット500の歴史は、第二次世界大戦までさかのぼります。
1936年に発表された2人乗りの小型車「フィアット500」が初代です。

「トッポリーノ」(ハツカネズミ)の愛称で呼ばれ、小さいながらも活発な走りをする事から好評で、1955年まで生産されました。

1953年には映画「ローマの休日」にも登場し、当時のイタリアの代表的な大衆車だったのです。
日本のスバル360や、ドイツのフォルクスワーゲンタイプI(ビートル)のような存在だったのですね。

その初代フィアット500の後継車として1957年に登場したのが「フィアット・NUOVA500」です。

イタリア語で「500」を意味する「チンクチェント」と呼ばれたこのモデルが、「ルパン三世」に登場して、日本人に「ルパンと言えばこの車」と言われた車です。
以下、この2代目フィアット500を「チンクチェント」と呼びます。

チンクチェントは四輪の屋根付きスクーター?

www.unicef.it

チンクチェントは初代500「トッポリーノ」の開発にも関わった名設計者、ダンテ・ジアコーザの手により開発されました。
当時既に「トッポリーノ」の後継車としては、同じダンテ・ジアコーザの開発したフィアット600「セイチェント」が開発されていました。

「セイチェント」は2人乗りの「トッポリーノ」に対して4人乗りとした上で、スペース効率の追求や軽量化のため、リアにエンジンを積み、リアタイヤを直接駆動しました。

安価な4人乗り小型車として「セイチェント」は成功作となります。
しかし、当時のイタリアでは簡便な移動手段としてスクーターが大人気となり、日本でも有名なベスパを始めとする多数のメーカーが製造・販売を手がけていたのです。

主に自動車を買えない層を対象に人気だったスクーターのユーザーに対し、安価な自動車を提供して、新しいユーザーの獲得を狙ったのが「チンクチェント」でした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら