惜しまれつつも、最新作の第8弾がラストとなる映画「ワイルド・スピード」

第8弾でピリオドを打つ、大人気シリーズ

カーアクション映画『ワイルド・スピード』(原題:The Fast and The Furious)シリーズがここまで長続きするとは、誰も思っていなかったはずです。 初作の封切り当時は映画界でもマイナーな存在だったのが、いまや止まるところを知らぬほど人気が増すアクション映画シリーズに成長しています。 しかしながら、これからもシリーズの「9」や「10」といった続編があるだろうと楽しみにしていたファンにとっては非常に残念なニュースですが、4月にアメリカで公開される最新版「8」の『The Fate of the Furious』 (原題)が、実はシリーズ最後の作品となることが分かりました。

リアルの世界でのケンカが原因で…。

“One last ride”というのが、同シリーズを通じたキャッチフレーズとなってきました。 このように毎回「ラスト」とは言いつつも、すでに7つもの作品が世に送り出されてきました。 しかしファンにとっては皮肉なことに、今度の『The Fate of the Furious』こそが本当に、最後のひとっ走り…ではなく、最後の1作となります。 つまりこのシリーズで名優ヴィン・ディーゼルとその仲間の共演を見るのも、これがラストチャンスになります。 実はこの映画のスターたちが、リアルの世界でも仲が悪かったのは、けっこう知られた話となっています。 ドウェイン・ジョンソンがソーシャルメディアに語ったところでは、ヴィン・ディーゼルと撮影現場でいさかいを起こしたということで、会見の場では相手のことを本当に「あのくそったれ」「臆病者め」などと表現していました。 さらに先行きを象徴していたのは、最新作のプレス(報道発表)ツアーには、そのドウェイン・ジョンソン本人が現れなかったことでした。

最後の1作を大いに楽しもう!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら