電子制御スロットルならでは?スロットルコントローラーは暴走事故回避の決定版になるか?

痛ましい結果に繋がる事が多い「踏み間違え事故」

ブレーキを踏んだつもりが、間違えてアクセルペダルを踏んでしまった! 急激な加速にドライバーは気が動転し、何とかクルマを止めようとペダルを踏みこみますが、アクセルペダルですから当然クルマは止まりません。 その結果はたいていが壁や建物、歩道などに突っ込みクルマは大破、ドライバーは怪我をして、最悪の場合は周囲を巻き込んだ死亡事故にまで繋がります。 なぜ、ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んでしまうのか?という疑問は、この際問題ではありません。 皆さんでも、例えばテーブルの上の物を取ってから、何でそんな事をしたのか思い出せない、たぶん何となく手に取っただけで、実は理由など無かったのだろうという覚えがある人もいるでしょう。 いわば無意識の動作ですから、間違えてしまうものは仕方が無いのです。 高齢者の事故が多いようにも見えますが、ニュースを見ていると実際には高齢者以外でもこうした事故は起きており、体調不良や慣れないクルマ、注意散漫など、さまざまな理由で誰にでもありえる話だと思います。 とはいえ、結果はアクセル全開で何かに突っ込むという、自動車ではあってはいけない事故に繋がりますから、仕方ないの一言で済ませるわけにもいかないのです。

クルマの「半自動化」で対策が可能に

一昔前までのクルマであれば、踏み間違えを起こしてしまえばぶつかる直前にドライバーが気づいてブレーキを踏み直す、あるいはそもそもクルマに乗ってから降りるまで集中力を保つという以外に対策はありませんでした。 なぜかと言えば、クルマはドライバーの操作した通りにしか動かなかったからです。 しかし、最近のクルマでは事情が変わってきています。 現在市販されているクルマの多くは、アクセルやブレーキ、車種によってはハンドルまでがコンピューター制御となっており、ドライバーはあくまでクルマに意思を伝えるだけです。 ドライバーの操作に対して最適と思われる操作をコンピューターが行いますから、ある意味では最終的な操作をクルマ自身が行う「半自動運転」だと言えます。 そのため、ドライバーが誤った操作を行ったとしても、クルマのコンピューターが危険だと判断すれば、最終的な操作を行わない、という事も可能になっているわけです。 ブレーキとアクセルを間違って操作しても、進行方向に搭載されたクルマのセンサーが障害物を検知していれば、自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキなどとも呼ばれます)が作動して、助かっているケースもある事でしょう。 しかし、そこまで自動化されていないクルマ、あるいは天候その他の理由でクルマのセンサーが有効に働かない状態では、やはり踏み間違い事故が起きてしまいます。 そこで、最近ではスロットルコントロールによって、アクセルペダルの働きを制限する機能が登場してきました。

スロットルコントローラーとは?

昔から、「クルーズコントロール」と呼ばれる、アクセルペダルからエンジンに繋がるアクセルワイヤーを機械的に操作して、高速道路などで速度を一定に保つ装置が存在しました。 それが現在では、アクセルペダルの踏み込み量に応じて、機械がエンジン回転数やオートマを統合制御する「電子制御スロットル」の採用が増えています。 そのため、コンピューターに介入するだけでアクセル操作を行える「スロットルコントローラー」という機械が安価に購入、かつ簡単取り付けができるようになりました。 これは昔ながらのクルーズコントロールとして使う事ができるほか、アクセルペダルの踏み込み量に対して通常よりエンジン回転数を上げたり、燃費重視のための回転数制限などをカットできる機能を持ちます。 これでスポーツ走行などでは、多少燃費が落ちる代わりにノーマル以上のパワフルな走りもできるわけです。 さらには、その応用で暗証番号を打ち込まないとアクセルを踏んでもエンジンが反応しないセキュリティ機能など、さまざまな機能が誕生しています。

スロットルコントローラーによる暴走回避


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら