【何かわかりますか?】ECU、ECVT、ELR、EV(今さら聞けない車略語)

ECU(いーしーゆー)

Electronic Control Unit(エレクトロニック・コントロール・ユニット)、またはEngine Control Unit(エンジン・コントロール・ユニット)の略。 車そのものの頭脳であるメインコンピューターと解釈すれば良いでしょう。 昔はエンジンへの燃料供給やスパークプラグの点火タイミングなどを制御する比較的単純なものでしたが、現在はオートマチックトランスミッションやABSとエンジンは統合制御されていますから、エンジンだけを見ていればいいわけではありません。 ほかにもパワステやエアコンなどコンピューターで制御している部分は数多くあり、それらはECUで一括コントロールしている時もあれば、それぞれのコンピューターから来る信号をECUで管理してエンジン制御に生かす場合もあります。 また、最近の「コネクテッドカー」と呼ばれる、簡単に言えばインターネット回線に接続される車の場合、その回線を用いて外部のサーバーと通信を行うケースもあるのです。 これにIT企業のGoogleやAppleは車のECUに接続させてくれれば、良質なサービスを提供すると持ち掛けていますが、ほとんどの自動車メーカーはセキュリティ上の観点や、自動車を知らない企業にあまり触って欲しく無いと難点を示しています。 ただ、自動運転には交通情報などの把握のためインターネット接続が不可欠なことから、一部の自動車メーカーは独自に自動車向けインターネットを行おうと、連合を組んでいるのです。

ECVT(いーしーぶいてぃー)

Electro Continuously Variable Transmission(エレクトロ・コンティニューアスリー・バリアブル・トランスミッション)の略。 現在は軽自動車やコンパクトカーで広く使われている無段変速機、CVTを1984年にスバルがオランダ企業との共同開発で初めて実用化した時には、このように呼ばれていました。 スバルや日産が使っていた初期のCVT車には「ECVT」というステッカーがよく貼ってありますが、目立つのは赤帽サンバーでしょうか。 今のCVTと違って自動電磁クラッチを使っており、停止時にはクラッチを切るので、ブレーキから足を離してもクリープ現象で勝手に進んだりはしません。 ただ、この電磁クラッチの操作が結構乱暴で、止まる瞬間にバコン!と外れて、走り出す瞬間にドコッ!とつながるので、走行中はともかく渋滞にハマった時などちょっと快適とは言い難いものでした。

ELR(いーえるあーる)


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら