ジュネーブ・モーターショー2018【BMW編】

3月8日からスイスで行われている「ジュネーブ・モーターショー」。メルセデス・ベンツに続いてBMWの新型車も紹介します。

メルセデスと比べてジュネーブでのワールドプレミアというのは少なく、それでも注目を集めたのは19年ぶりに復活を遂げる「8」の派生モデルである「BMW M8 Gran Coupe Concept」が初お披露目されました。BMWの最上級モデルとなる新型8シリーズのラインナップにはクーペとカブリオレ、そしてこのグランクーペであることが確定しました。

搭載エンジンも直6 3.0Lターボ、V8 4.4Lターボ(Mモデル)、V12 6.6L ターボが搭載されることが判明しています。

今回お披露目なったM8 Gran Coupe Concept。ライバルとして「ポルシェ・パナメーラ」、「ベントレー・コンチネンタルGT」を想定しています。コンセプトモデルというショー要素もありますが、ラグジュアリー感も出しつつもBMWらしく「走り」感もしっかりと表現しています。内装は未公開ですが、「BMW Concept 8 Series」に近いものと思われます。

同時期にほぼ量産モデルに近い8シリーズクーペの映像が公開されています。

昨年には量産モデルに先駆けてレーシングカー・M8GTEがデビューを果たしています。今年のWEC(世界耐久選手権)にワークス出場予定ですので、富士スピードウェイでその走りとアグレッシブなスタイリングが見れます。

■日本発売が待たれる「i3S」&「i8」
BMWのEV、ハイブリッド専用モデルブランド「BMW i」の「i3」・「i8」も今年に入り完了された新型を発表しました。

i8には、ブレーキ機能を備えたクルーズコントロールシステムと、サラウンドビューを含む運転支援システムを標準装備。オプションで、BMWレーザーライトが選択可能。これは600mのハイビーム照射範囲を備えた非眩惑のレーザーヘッドライトで、BMWによると「通常のフルLEDヘッドライトの約2倍の性能を発揮する」とのこと。

動力系も改良され、後輪を駆動させる直列3気筒1.5L ガソリンターボは、最大出力231hp、最大トルク32.6kgmと従来通り。一方、前輪を駆動するモーターは最大出力131hpから143hpへ強化され、システム最大出力374hpを発揮します。フルパワー状態で0-100km/h加速4.4秒、最高速250km/h(リミッター)を記録します。

BMW iならではの「EVモード」もバッテリーの大容量化で最大55km走行可能です。

コンパクトモデルの「i3」もマイナーチェンジ改良でスポーツグレード「i3s」が追加されました。こちらは足回りの変更とシステムプログラムの変更でパワーアップを果たしています。i3と比較して、車高が10mmダウン+トレッド+40mmで195/55R20というタイヤを履いています。システム出力は183hpと十分なパワーを発揮します。

まだどちらも日本導入時期は未定ですが、常に「走りの愉しさ」を忘れないクルマ作りをするBMWの今後がより期待できます。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?