中国版ランドローバー・イヴォーク、ついにパクリで起訴される!

ついにこの日が来たか!といった感じでしょうか?

中国の自動車メーカーが、欧米のモデルのデザインを「パクる」現象というのは、とくに目新しいものではありません。 しかし、当初は面白おかしく見えたものも、どんどんエスカレートしていき歯止めが利かなくなりました。 このたびついに、中国の「コピー車」にはジャガー・ランドローバーグループ(JLR)も堪忍袋の緒が切れてしまったようです。 『オートモーティヴ・ニュース』によると、JLRは中国の江鈴汽車(こうれいきしゃ、Jiangling Motor)を裁判で訴えることになりました。 尖ったデザインで知られるランドローバーブランドのSUV「イヴォーク」の外観を、江鈴汽車がコピーして「ランドウィンドX7」に適用してしまったというのです。 実はイヴォークは、JLRにとって初となる中国工場での現地生産モデルで、昨年中国市場で発売になったばかりの車種でした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら