『頭文字Dに登場するキャラクターがもしスーパーカーに乗っていたら!!(前編)』

世の中のことを何でもクルマに置き換えてしまおう!今回はいつもとは趣向を変えて、クルママンガを取り上げます。


各キャラクターへおすすめのスポーツカーをご提案!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E6%96%87%E5%AD%97D#/media/File:AE86.jpg

藤原 拓海(ふじわら たくみ)

主人公である拓海が操るのは 、あまりにも有名な”ハチロク”こと、AE86型スプリンタートレノです。

アナログでローパワーな旧車が、藤原拓海の常軌を逸したドライビングにより、ハイパワーな最新ターボカーを相手にしても、互角以上に戦う姿が、劇中では印象的に描かれています。

その拓海がスーパーカーに乗るなら、「ローパワー+旧車」の図式を踏襲することは必須です。

その条件にピッタリくるのは「ロータス・エスプリターボSE」です。

軽量な車体とターボエンジン搭載と言っても、パワーは200馬力少々です。

当然ながら直線ではさすがに最新鋭のスーパーカーの足元にもおよびませんが、そこは「コーナリングのロータス」

負けません。

きっと峠の下りでは魔法のようなコーナリングを見せてくれるでしょう。

また、ニューシェイプと呼ばれるエスプリは最終型を除き、AE86(トレノではなくレビンですが)のテールランプを使用していることも運命を感じます。

武内 樹(たけうち いつき)

樹は拓海の同級生で、拓海を走り屋の世界に引き込んだ人物です。

クルマへの愛情は登場人物イチですが、間の抜けた描写が多く見かけられます。

どれぐらいの間抜けぶりかと言うと、”ハチロク”と”ハチゴー”を間違えて買ってきて、仲間に大笑いされるエピソードもあるぐらいです。(”ハチゴー”とは、外観は”ハチロク”と同じでも、シングルカムのローパワーエンジンを搭載するAE85型トレノ/レビンの事です。)

このエピソードから着想を得て、ここは「ロータス・エスプリS3」を選んでもらいます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら