フォードがダースベイダーからインスピレーションを受けて作ったマスタングがこちら

怒ったようなフェイスが特徴です

AUTOBLOGはミシガンに住むデザイナー達がハリウッドで大人気のスターウォーズの中からの大人気悪役キャラクター、ダースベイダーをマスタングのデザインに取り入れたと発表しました。

スターウォーズが5月4日の記念日として開いた場でautoblogはフォードのデザインマネージャーのMelvin Betancourtから2018年のマスタングをデザインする際にもっとアグレッシブなデザインにしたいと思い、ダースベーダーのマスクからアイデアを貰い、マスタングのボンネットの角度とヘッドライトなどを変更してアグレッシブな顔のデザインを作りあげました。と明らかにされました。

マスタングファンに受け入れられるか

ダースベーダーは感情を表に出さない不気味さがあり、そのイメージが伝わればと思っていますが、マスタングは暴れ馬のスポーツカーイメージがすでにあるので、賛否が分かれるかもしれません。 そして新型マスタングにはV6エンジンのラインナップがなくなり、V8エンジンモデルのみとなり、トランスミッションには新型10速トランスミッションが搭載される事になりました。 そのおかげで世界で1番売れているスポーツカーとなっているマスタングの売り上げもさらに後押ししてくれるかもしれません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら