マクラーレンアルトゥーラの燃費は伸びる?量産型では初のPHEVを紹介

マクラーレンでは初の量産型PHEVである、アルトゥーラという車種があります。

PHEVということもあり、マクラーレンならではの走りや燃費などが従来の車と比べるとどのように違うのでしょうか。

「マクラーレンアルトゥーラの燃費が知りたい」や「マクラーレンアルトゥーラはどのような車?」など、マクラーレンアルトゥーラを知りたい方もいることでしょう。

本記事では、マクラーレンアルトゥーラの燃費を紹介します。

記事の中では、マクラーレンアルトゥーラの走行性能やスペックも紹介するので、ぜひ最後までご覧下さい。

マクラーレンアルトゥーラの燃費

マクラーレンアルトゥーラの燃費はWLTPモードで約21.7km/L(4.6L/100km)と、とてもよく走ります。

その他の車両の燃費を見るとリッターあたり7や8kmなど1桁の車ではが多い中、マクラーレンアルトゥーラは倍以上も燃費が改善されてます。

PHEVだからこその燃費の良さで、従来のマクラーレンではガソリンがすぐ減るイメージですが、アルトゥーラなら国産ハイブリッド車並みに燃費が向上しているのです。

マクラーレンアルトゥーラを街乗りで利用したい方でも、燃費やガソリン代を気にすることなく、車に乗れるでしょう。

マクラーレンアルトゥーラの特徴

マクラーレンアルトゥーラの特徴は、車の全てを新設計としたスーパーカーということです。

エンジンからサスペンション・ギアボックスまで全てを新設計とすることで、これまでとは違うマクラーレンを体感できます。

その1つが、マクラーレンならではの加速を含めた走行性能を保ちながら、燃費を改善したことでしょう。

PHEVということもあり、車に大きな電池を積むので車両重量が重くなりますが、重さを感じさせないほどの加速性を実現しています。

また、マクラーレンのPHEVである「P1」は台数が限定されているモデルなのに対して、アルトゥーラは量産型となっており、多くの台数が生産可能です。

生産台数もマクラーレンアルトゥーラの特徴と言ってもいいでしょう。

マクラーレンアルトゥーラの走行性能

マクラーレンアルトゥーラはPHEVでも走行性能が高く、加速性や最高速度など他の車種と同じように優れています。

0〜100km/h加速3.0秒で最高速は330km/h(リミッター作動)と日本の公道では、使いきれないほどの走行性能です。

PHEVなので、モーターが得意な領域の加速性能が高いことは予想がつきますが、最高速度まで速いため、マクラーレンだからこそできる走行性能です。

マクラーレンアルトゥーラのスペック

マクラーレンアルトゥーラのスペックは以下の通りです。

駆動方式 MR
燃料 ハイオク
動力分類 プラグインハイブリッド
排気量 2,993cc
トランスミッション 8DCT
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 4,539×1,913×1,193
車両重量(乾燥) 1,395kg
前輪タイヤサイズ 235/35R19
後輪タイヤサイズ 295/35R20

マクラーレンアルトゥーラは乾燥車両重量が1,395kgなので、国産車だと中型クラスほどの重量しかありません。

車両重量が軽い上に、ハイブリッド用の電池や排気量の大きいエンジンを搭載しているので、大幅な軽量化に成功している車両です。

まとめ

マクラーレンアルトゥーラの燃費や車両スペックを紹介しました。

走行性能は従来のマクラーレンの性能を維持しながら、燃費が大幅に改善された車両がアルトゥーラです。

また、マクラーレンアルトゥーラは車両全てが新設計となっている車です。

マクラーレンの新たな技術により軽量化に成功し、量産もできるPHEVなので興味ある方は購入チャンスもあるでしょう。

本記事を参考にしていただき、マクラーレンアルトゥーラの燃費やスペックの情報を役立てて頂けると幸いです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?