【日産 ラティオ】気になる価格と実質燃費について紹介

日産ラティオをご存知ですか?ティーダの派生車として2004年から2016年まで生産、販売されていました。上質なセダン車として高年齢のユーザーから人気を得ていました。営業車としてのイメージがある日産ラティオ、気になる価格と実質燃費をまとめました


日産 ラティオの特徴

日産 ラティオの特徴①

全モデルにアイドリングストップを標準装備して、徹底的な低燃費に拘りながらも上質なセダンとして今なお人気な車両となっております。
スムーズなアクセスへのダイレクトレスポンスで小気味良い加速をしながらも、JC08モードによる国土交通省が審査した燃費は実にリッター22.6kmを叩き出しているのです。
この数値を導き出すことの出来た要因として、優れた空力性能の向上や車両本体の軽量化が挙げられます。
そもそも車両の性能を引き出すチューニング理念において、車両の軽量化は避けては通れない必須項目なのです。

日産 ラティオの特徴②

流れるような空力性能に特化したスタイリングなボディは、エクステリアとしての魅力だけでなく乗る人の満足感を高揚させる働きがあります。
5ナンバー枠でコンパクトなセダンとしている為に、どなたにも車両間隔が理解しやすく運転しやすいという利点があるのです。
万人受けするスタイルと取り扱いの容易さは、所有する満足感と達成感を存分に満たす要素となっております。

日産 ラティオの特徴③

5ナンバー枠のコンパクトセダンというと、どうしても安っぽいとかセダンとしての機能にマイナスがあるのではないかという意見が聞かれます。
しかしながらこの車の最大の特長は低燃費以外にも、上質で極限まで追求された車内空間の充実差にあります。
言うなればワンランク上の高級セダンに勝るとも劣らない、広々とした室内空間を展開している点にあるのです。
メカスペースを最小限に抑えることで、卓越した室内空間の開放感覚を満たしております。

日産 ラティオの歴代モデル

日産 ラティオの歴代モデル①

日産ラティオは2004年から2016年まで生産・販売されており、1.2リッターの排気量で3気筒エンジンを搭載しており、アイドリングストップやCVTと呼ばれる無段変則式のミッションにより高効率な燃費性能を持ち合わせております。
マイナーチェンジからフルモデルチェンジを経て3世代に及ぶモデル展開を行なっておりますが、優れた基本性能や空力特性は不変な情報として展開しています。

日産 ラティオの歴代モデル②

当初の初代モデルは1.5リッターエンジンのみでの展開でしたが、1.6リッターへのボアアップ見直しや室内パーツに木目調を採用するなどの高級感についても推移しました。
そして日本国内に留まらず、その万人受けするスタイルと運転性能、そして壊れない日本車の強味を持ってアジア圏への輸出に占める割合もかなりのシェアを誇る人気モデルとして展開しました。

中古車価格について

日産 ラティオの中古車相場

現在日本国内の中古車市場では、ラティオの年式やグレードで22万円~150万円ほどでの料金設定が一般的となっております。
比較的安価で経済性の高い乗用車を手に入れることが出来るので、法人個人問わずに幅広い人気を持った車種となっております。

日産 ラティオの中古車市場

現在中古車情報として展開しているラティオの魅力は、スペックや走行距離の少ない車両が多くトラブルとは縁のない非常にお買い得な車両となっています。
反面前述した高性能で推奨グレードが容易に入手できるにもかかわらず、比較的安価な価格設定が全体的に展開しているのが大きな特徴であるといえるのです。

最新Gモデルがおすすめ!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら