ポルシェマカンのサイズを競合のQ5やX3などと比較してみた

ポルシェ・マカンは、装備の安全性や燃費の良さなどのソフト面では高く評価されているのですが、サイズに関してはデメリットとして指摘されています。特に、問題視されているのが1900mmという車体幅で、国内では立体駐車場に入れるのも苦労することになります。そんなマカンのサイズを競合車種と比較してみました。

ポルシェ マカンとは

ポルシェ・マカンは、ドイツが誇る世界的な自動車メーカーが提供しているクロスオーバーSUVで、2014年から販売が開始されています。2002年にデビューした大ヒットモデルのカイエンの弟分的な存在ですが、既に人気という点では凌駕しており、2015年の全世界におけるポルシェの販売台数の内の約30%をマカンが占めるという状況となっています。なお、この人気モデルは走行性能や装備の安全性、燃費が良いなど様々な魅力があるのですが、唯一問題点として指摘されているのがサイズが大きいということです。この点は先行モデルのカイエンが世界中で言われてきたことで、この問題を改善してコンパクトにまとめたのがマカンだったはずなのですが、車体幅は何と15mmしか違わず1900mmを超えてしまっています。流石にこのようなサイズでは、日本国内の狭い道路を走るときにはストレスフリーというわけにはいきません。また、マンションの立体駐車場に停める時も一苦労であり、カイエンが大きすぎるからこちらに使用という考えで選ぶ車ではないようです。

ポルシェマカンのサイズをアウディQ5と比較

アウディQ5に比べてスポーティなスタイル

ポルシェマカンは同社のカイエンよりも一回り小さいサイズとなっており、全長が4,681mm、全幅が1,923mm、全高が1,624mmとなっています。プラットフォームを含め基本的な構造の3分の1をアウディQ5と共有しているため、両者は比較されることが多いのですが、アウディQ5のほうが全長や全幅が小さく、全高は逆に高くなっていることから、マカンのほうがより低重心でスポーティな外観となっていることがわかります。ちなみにホイールベースに関してはほぼ同じです。両者の全体的な外観の印象もQ5が大人しい感じであるのに対してマカンは力強さがあります。

後部座席やトランクスペースは?

ポルシェマカンは後部にかけて傾斜しており、スポーティな外観になっているため、後部座席の窮屈な感じがあります。頭上の空間も余裕がないので、大人3人が長時間が座るのは厳しいでしょう。子供用と割り切って使うであれば問題なしです。トランクルームの容量は500Lを確保していますが、ゴルフバッグを横置きにして積むことができません。ただし、後部座席を倒すと大容量のスペースを確保することはできます。マカンにはSUVとしての機能性を求めるよりも、SUVスタイルのスポーツカーという位置づけで考えるほうが良いでしょう。アウディQ5の車内空間はマカンよりも若干余裕があります。

 

ポルシェ・マカンと他の車種とのサイズの比較

ポルシェ・マカンは、先行モデルのカイエンよりもコンパクトにしているのが特徴です。しかし、残念ながらカイエンの唯一の問題点として指摘されていたサイズの大きさを完全に改善できたというわけではなく、特に1,925mmという車幅は日本の狭い道路でドライブする時には少なからずストレスを感じることになります。これは、他のメーカーが手掛けているSUVと比較すれば一目瞭然です。例えば、同じドイツを代表する人気ブランドが提供しているBMW・X3は、全長・全幅・全高は4,565・1,855・1,675mmと高さ以外のサイズはいずれもマカンを下回っています。

ポルシェ マカンとベンツGLCクラスのサイズ比較

両車の全高・全長・全幅・ホイールベースを比較

ポルシェ マカンのサイズは、全高1,624mm・全長4,697mm・全幅1,923mmです。これに対し、メルセデス・ベンツGLC(GLC200)は、全高1,645mm・全長4,660mm・全幅1,890mmとなっています。両車を見比べると、全高ではベンツの方が21mm大きく、全長と全幅は両方共にマカンが大きい(全長差37mm、全幅差33mm)です。どれも数cmの差ですが、高さ以外はマカンが少し大きい結果となりました。また、ホイールベースにおいてはマカンが2,807mmに対し、ベンツが2,875mmとなっており、ベンツの方が68mm大きく全高や全長に比べるとやや差があるようです。

サイズの違いによる影響

ポルシェ マカンとメルセデス・ベンツGLC(GLC200)のサイズ差は数cmしかないので、サイズによる運転時の影響はほぼないと言えます。ただし、ポルシェの全幅が少しだけ大きいので車庫入れや駐車の際にスペースの横幅が狭い状況だと、ポルシェの場合のみサイドミラーを折りたたまたないといけないケースがあり得ます。車庫入れや駐車中にサイドミラーを使えないのはかなり不便なので、これは購入時に要検討すべき点と言えるでしょう。また、ホイールベースの差においてベンツの方が68mm長い事実も無視出来ません。少しだけ小回りが効くのはポルシェで、直進安定性と室内空間の広さにおいてはややベンツに分があります。

まとめ

引用元:http://www.audistyle.com/blog/archives/1900

今回ミドルサイズのドイツのSUVと、各車で大きさの比較を行ってきましたが、どの車種も基本的にはそこまでの大きなサイズの違いはほとんど無い状態だと言えます。その中でもポルシェ マカンは、ポルシェファミリーであることを印象付けるスポーティーなデザインです。ポルシェらしい切れ味の鋭いハンドリングも特徴的で、SUVといえどスポーツカーそのものの走行性能だといえるでしょう。ボディが長い分、サイズ感とは裏腹にとても存在感のあるSUVであると言えるでしょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?