ミニクーパーの維持費が高くなる理由3つ|なぜ?故障しやすいのか

ミニクーパーは人気のある車ですが、維持費が高かったり、故障しやすいという印象を持っている人もいます。そもそもの車の維持費自体が高いので、ミニクーパーではその維持費がさらに高くなってしまうということで、購入をためらう人もいます。

BMWミニクーパーとは

BMWのミニクーパーは、小さくて見た目も可愛らしいので人気が高い車種となっています。そのため、街中を走るミニクーパーを見て、欲しくなる人もいるでしょう。また、一口にミニクーパーと言っても、そのモデルはいくつかあるので、選ぶときに迷ってしまいます。そんな人気のミニクーパーですが、オーナーとなる前に、維持費や故障率などの把握しておくべきことがいくつかあります。

なぜ?維持費が高くなるのか

ミニクーパーのオーナーとなる際に、把握しておくべきことの1つに維持費があります。ミニクーパーに限らず、車の維持費は決して安いものではありません。その維持費は国産車と比べると、高くなりやすい傾向にあります。特に、走行距離が長くなるほど、維持費は高くなりやすいです。それには、いくつかの理由があります。

ミニクーパーの維持費が高い理由3つ

年式や走行距離、利用する整備工場などの条件によって維持費は変動します。ミニクーパーだという理由だけで維持費が高くなるとは限りません。しかし、上記で述べた通りミニクーパーの維持費は、走った距離が長くなればそれだけ高くなる傾向にあります。これはミニクーパーが外車であることが関係しており、もしミニクーパーのオーナーになることを検討しているのであれば、維持費が高くなりやすい理由を把握しておきましょう。

ミニクーパーの維持費が高い理由1:純正パーツや消耗品が高価

ミニクーパーは外車だからという理由で、車検に必要な自賠責保険料や重量税、検査料などが上乗せされるようなことはありません。しかし、車検の際に、どの車でも部品交換が必要となることがあります。その際に、ミニクーパーは部品を海外から取り寄せる必要があり、どうしても純正パーツや必要な消耗品などが高価になりやすいです。

ミニクーパーの維持費が高い理由2:消耗品の劣化が早い

ミニクーパーに限らず、車は使っているうちに消耗品のパーツが経年劣化していくため、故障する前に、定期的な交換が必要となります。部品交換をしていれば、長く乗り続けることができますが、ミニクーパーはこの部品交換のサイクルが早めだとされています。そのため、走行距離が長くなるほど、多くの部品を交換する必要があります。また、その部品は高価であることが多いため、維持費が高くなるでしょう。

ミニクーパーの維持費が高い理由3:ディーラーの工賃・点検整備費が高い

点検整備はディーラー以外にも、車の整備や車検などを請け負っているところもあります。これらのどこで整備を頼むかによっても値段は変わってきます。点検整備の安さを売りにしている業者と、ディーラーとの整備費用を比べれば、ディーラーの方が高いというケースがある場合もあります。しかし、ディーラーでしかできない対応などもあるため、値段に見合ったメンテナンスを行うことができます。

ミニクーパーの維持費

ミニクーパーの維持費には、保険料や税金などの固定費がかかります。また、点検整備費や部品交換といった変動費もあります。固定費は走行距離に関係なく必要ですが、変動費は使用した分だけ上下します。そのため、ミニクーパーにはどの程度の固定費と変動費が必要なのか把握しておかなければなりません。

ミニクーパーの維持費1:自動車取得税

自動車取得税は、2019年10月に廃止されて、代わりに自動車税環境性能割が導入されています。自動車税環境性能割は、取得価格に環境性能割の税率をかけた金額になります。また適用される税率は、自家用車が0%から3%、営業車と軽自動車が0%から2%です。

ミニクーパーの維持費2:自動車税


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら