長い歴史を持つ【日産セドリック】現在の中古車価格など

日産セドリックを知っていますか?日本の自動車産業の歴史の中でサルーンカーとして製造販売され、現在は、日産フーガに継承されています。 1960年から2004年まで、一時代を築いた日産セドリックの主要スペックと開発理由、現在の中古車価格までまとめした。


日産 セドリックの特徴

日産 セドリックの特徴①

セドリックは1960年から日産自動車により生産されていた車で、2004年で生産終了とな44年続いた高級車の歴史に幕を閉じました。
3代目モデルとなる230型から、プリンス販売から発売されていたグロリアと同一デザイン化され、兄弟車として国産高級車のポジションを確立しました。
かつて、「4ドアハードトップ」「4ドアセダン」「ステーションワゴン」「2ドアハードトップ」「ライトバン」というタイプを生産しており、2ドアモデルは3代目230型と4代目330型のみで生産されていました。

日産 セドリックの特徴②

セドリックは発売当初厚みのあるボディで骨組みと外販を一体としたモノコックボディを日本初の採用とし、リアデザインはテールフィンと言われるまるで飛行機のウイングのような形状を持ち、縦配列丸型デュアルヘッドランプがボディラインに沿って突き出したデザインで、自動車開発で先行していた欧米の大型車のデザインに大きく影響を受けていました。
時代の移り変わりとともに、スポーティーさと高級感を兼ね備えた車として生まれ変わりました。

日産 セドリックの特徴③

後に兄弟車となるグロリアは発売当初プリンス自動車から発売されており、2社合併を機にモデル統合が行われ、兄弟車「セド・グロ」として生まれ変わりました。
グロリアと異なる点は、初代モデルが1900ccのみで発売されていたのに比べ、1500cc ・1900cc・2000ccが直列4気筒で、ディーゼルエンジン2000ccの他、2800ccの当時では珍しい大型エンジンを搭載したモデルが直列6気筒エンジンとして生産されており、グロリアよりエンジンもボディも大型として発売されていました。
1970年代から自動車が一般に広がると日産のフラッグシップ車両として認知されるようになりました。

日産 セドリックの歴代モデル

日産 セドリックの歴代モデル①

初代30型が1960年にデビューすると5年後には2代目130型へとフルモデルチェンジしました。
2代目からは走行性能の向上が図られ、フラットボディとなり、空気抵抗を考えたデザインに変化してゆきました。
3代目230型からはセダンとは異なる新しい概念であるハードトップを発売し、4ドアでありながらスポーティーな感覚を持たせ、若いオーナーをターゲットとした販売戦略でオーナー層を広げました。

日産 セドリックの歴代モデル②


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら