ハイラックスは海外で「最強」に人気がある | 日本でピックアップトラックに乗る若者急増の理由は?

みなさんは日本唯一のピックアップトラックをご存知ですか?トヨタ・ハイラックスです。日本に住んでいると馴染みは少ないですが、誕生して50年以上の歴史があり、世界では非常に高い人気を誇ります。ハイラックスはいくつかの「最強伝説」を持っています。「世界一過酷なモータースポーツ」であるダカール・ラリーで総合優勝を飾ったのは最強伝説のほんの一部に過ぎません。そして、最強であるが故か、最近は日本の若者からの人気も高まっているようです。

今回は「ハイラックス最強伝説」と「若者人気の理由」をご紹介します。

トヨタ・ハイラックスのスペック

https://toyota.jp/hilux/exterior/?padid=ag341_from_hilux_navi_exterior

ハイラックスはタイで生産される輸入ピックアップトラックです。Wキャブを擁するボディは全長5,335mm、ホイールベース3,085mmとかなり大きく迫力があります。その反面、取り回しには難があり、最小回転半径は6.4mと大きめです。大柄なためキャビンは広く、5人乗車しても居住性は保たれます。気になる後部のデッキも広々と余裕があり、最大積載量500kgと高い積載性があります。

乗用車ライクなインテリア https://toyota.jp/hilux/interior/?padid=ag341_from_hilux_navi_interior

搭載される2.4Lディーゼルターボは低回転域からトルクがあるので、意外にも実用域で扱いやすいです。加速時の振動、ノイズにはある程度目をつむる必要があるかもしれませんが、高速走行時には十分な静粛性があります。

グレードは「X」、「Z」の2タイプと特別仕様車の「ブラックラリーエディション」があります。上級の「Z」では内装にシルバーの装飾を使う箇所が増えたり、各予防安全技術が標準装備されています。ボディカラーはホワイトやレッドなど5種類から選べます。

「ハイラックス」は「High」と「Luxury」をかけ合わせた造語で、乗用車なみの豪華さを目指すという意味が込められています。その名に恥じない造りになっていますね。

ハイラックスは世界中で人気がある

日本では馴染みの薄いハイラックスですが海外では大人気。世界で販売されているトヨタ車の中で海外仕様のカローラに次いで2番目に売れているのがこのハイラックスなんです(81万7900台/2017年)。海外でピックアップトラックが人気なのは想像ができますが、その中でもハイラックスが人気なのはなぜなのでしょうか?

『トヨタ戦争』など紛争で活躍

みなさんは「トヨタ戦争」と呼ばれる戦闘をご存知ですか?これは後期チャド内戦の別名で、チャド政府軍と反政府勢力との戦争のことです。両軍ともに『TOYOTA』と大きなロゴが書かれたピックアップトラックを使用していたことから「トヨタ戦争」と呼ばれるようになりました。

アフガニスタン政府軍(2009年)https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ハイラックス#cite_ref-2

最近では、ISIL(イスラム国)もハイラックスを使用していることが確認されています。このように、ハイラックスは中東・アフリカを中心に世界中で武装勢力のテクニカル(即席で製造した戦闘車)として利用されることが一般的となっています。初代ハイラックスのときから武装勢力の間で利用され続けてきました。そのため交換部品が手に入りやすく整備ノウハウも蓄積されており、中東の紛争が続く限りトヨタ車が武装勢力に愛用され続けると考えられています。

ではなぜ戦闘車としてハイラックスが選ばれるのでしょうか。そこにはハイラックスの「最強」過ぎる耐久性がありました。

ハイラックス最強伝説「爆破しても走る耐久性」

ハイラックスはスピードが出せて、頑丈であり、重火器を載せられるので「戦闘力を倍増させられる」といいます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら