【アウディ tt】スポーツクーペの魅力とは?

アウディttは、ドイツの自動車メーカーアウディが製造、販売する前輪駆動とFFベース4WDのスポーツカー。様々な歴代モデルがあり、洗練されたボディとスポーツカーとしての魅力、走りやすさに磨きをかけています。今回はアウディttの魅力を徹底追及します。


アウディttの特徴

アウディttの特徴①

アウディttは、ツードアスポーツクーペです。 その特徴的な流れるような流線型スタイルから感じられるシンプルでモダンな優美さが人気を集めており、アウディの他のモデルだけでなく、他メーカーにも影響を与えました。 2015年に発売された3代目モデルにも受け継がれた斬新なコンパクトデザインは、他にはない強力な個性を放っていて、一目見るだけで惹きつけられる魅力を備えています。

アウディttの特徴②

アウディttは、アルミ素材を多用することで1230kgという軽量モデルに仕上げたため、見た目通りのスポーティーな走りを体感できるリアルスポーツカーです。軽量さを活かしての小気味良い加速性能、機敏で応答速度の速いハンドリング、アウディ自慢のquattroを採用しており、パワフルなエンジンの駆動力を地面に伝える強力なグリップにより、安定した体制で高速道路から街乗り、コーナーなどを走り抜けるため高い評価を受けています。

アウディttの特徴③

アウディttは、バーチャルコクピットを採用しました。12.3インチ高解像度インストゥルメントパネルを採用したデジタルメーターは、ドライバーのニーズに応じてその背景をフレキシブルに選択できるようになりました。インフォメーションパネルと併用して3D地形図のナビゲーションマップを表示することも可能になっており、夜間だけでなく明るい日差しをさす昼間でも高い視認性を確保し、ドライビングが更に楽しくなることでしょう。

アウディttの歴代モデル

アウディttの歴代モデル①

初代のモデルは1998年に発表されました。1995年に発表されたデザイン・スタディ・モデルをほぼそのまま採用するだけでなく、ワンタッチでオーディオを格納できる遊び心なども感じさせる工夫が施されました。また4人乗りモデルですが、後部座席が狭いため、事実上のツーシータースポーツクーペとして活用されることが多くなっており、後部座席を倒して収納スペースにされることが多くなっています。

アウディttの歴代モデル②

2006年に発表された2代目は、初代モデルのエクステリアデザインを受け継ぎながら、シングルフレームを取り入れたり、内装にSF映画を思わせるようなテールランプなどを採用しています。また初代モデルに続いて電動ソフトトップを備えたロードスターを投入しました。2015年からは3代目モデルを発表しましたが、モデルチェンジごとに角ばった鋭いヘッドライトデザインへと変更しており、よりスポーティーな印象を感じられます。

中古車価格について

アウディttの歴代モデル①

最も安価なアウディttが、初代モデルです。大きなヘッドライトをした愛くるしい初代モデルの中古車価格帯は、安いもので80万円台、高いもので180万円ほどとなっており、70万円から90万円台の価格帯が充実しています。 また2代目モデルは、120万円から300万円台となっており、150万円から240万円台が充実している傾向があります。初代モデルの個性的なデザインは、現在でも人気を集めています。

アウディttの歴代モデル②

やはり最も人気なのが3代目モデルです。丸みを帯びた流麗なスタイルはそのままに流行を取り入れたシャープなLEDヘッドライトが特徴となっており、精悍さとスタイリッシュな印象を見るものに感じさせます。 安価なものだと350万円ほどしますが、オプション装備や状態が良いものだと550万円ほどになっていて、特に400万円台のモデルが充実しているため手頃な価格でアウディオーナーになれます。

アウディtt 2.0 TFSI quattro S tronicモデルがおすすめ!

アウディtt 2.0 TFSI quattro S tronicの燃費 1Lあたり14.7km(JC08モード)です。燃料タンク容量が50L、最長航続距離735kmであることから東京から岡山あたりまで1度の給油で移動できることになります。

またアウディtt2.0 TFSI quattro S tronicは、電動ソフトトップを備えたロードスターよりも100kgほど軽量という特徴があるため、燃費性能も高くなっています。

アウディtt 2.0 TFSI quattro S tronicの維持費

年単位でかかる費用

・自動車税:3万9500円

・車検代:3万円から17万円 毎月かかる費用

・ガソリン代は、軽油代は6738円(年間8万850円)

レギュラー代は7350円(年間8万8200円)、ハイオク代は7962円(年間9万5550円)

・駐車場台:1万円

・任意保険代:5万1120円から5万5860円

アウディtt 2.0 TFSI quattro S tronicについていて欲しいオプション3選

オススメオプション①

後部座席を倒してツーシータークーペとして活用するならプライバシーガラスをおすすめします。買い物袋などをいれても外部からはわからないので、覗かれる心配も減ります。また直射日光に含まれる紫外線をかなりの割合で避けられるので買い物袋や荷物などを置く際にも安心できます。10億通りの照射パターンを持ち夜間の安全走行をサポートするマトリクスLEDヘッドライトもおすすめです。 プライバシーガラスのオプション価格は7万円、マトリクスLEDヘッドライトは31万円します。

おすすめオプション②

クルーズコントロールもおすすめします。 高速道路で前方車両との車間距離を維持しながら自動的に速度を維持できるので、ロングドライブの際に疲労を削減できるというメリットがあります。また前方車両が急ブレーキをかけると自動的にブレーキをかけるといったオートブレーキコントロール機能を備えています。クルーズコントロール機能は29万円しますが、あればとても助かるオプション装備です。

まとめ

アウディttは、初めて世界に発表されてからその斬新なスタイルが注目を浴び、世界各地で人気を集め、スポーツクーペに名を残す1台になりました。 初代のモデルがもつ優美なスタイルを継承しながら、よりスポーティーでクールな仕上がりになった3代目は、キビキビとした足回りと高い加速性能、安定したコーナリング、そして日本車にはない個性を感じられるモデルとして、中古車市場でも人気を集めています。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら