可愛い電気自動車「HONDA e」ってどんな車?補助金は?

HONDA e

「可愛い」と、巷でウワサの「HONDA e」という車を知っていますか?

販売が開始されてから1年以上経過しておりますが、街中でまだそんなにお目にかかることがありません。

それはなぜか?日本国内での販売目標台数が年間1000台と非常に少ないのが理由です。

では、「HONDA e」とはどんな車なのか?補助金がもらえるのか?を紹介していきます。

「HONDA e」とは

HONDA e
2020年10月30日から販売が開始された、HONDAからは初の新型電気自動車です。車名は「ホンダ イー」と読みます。

「HONDA e」についてHONDA公式より次のように述べられています。

Hondaが提案する都市型コミューターHonda eは、これまでのクルマにはない魅力を追求すると共に、EVの本質を見つめ、柔軟な発想で、未来を見据えてつくりあげたモビリティです。新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、そして多彩な先進機能を搭載したHonda e。お客様の移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指しました。

出典:https://www.honda.co.jp/news/2020/4200827-honda-e.html

それでは、「HONDA e」がどんな車なのか紹介していきます。

「HONDA e」の特徴

先進のテクノロジー

HONDA e

写真は左ハンドル車

一番の特徴として、世界初となるワイドビジョンインストルメントパネルが採用され、5つのスクリーンが水平配置されています。

中央には「ワイドスクリーン Honda Connect ディスプレイ」が配置され、12.3インチのスクリーン2画面が並べられ、運転席・助手席でそれぞれ表示機能が選択できます。

スマートフォンとの接続で音楽アプリやエンターテイメントアプリなどとの連携も可能です。

「Honda パーソナルアシスタント」を搭載し、「OK Honda」と呼びかけることで、音声認識により情報提供などを受け取ることができます。

専用アプリをダウンロードすることで、スマートフォンをデジタルキーとして設定できるとともに、国産車では初めてのパワーオンまでも可能としました。

車の乗り降りの際もシームレスさを追求し、さまざまなサポートを自動的に行います。

また、世界初となる量産車標準装備となるサイドカメラミラーシステムは、従来のサイドミラーの代わりに高精細カメラで捉えた映像を室内のインストルメンタルパネルの左右に配置された6インチモニターに鮮明に映し出します。

シンプルでモダンなデザイン

HONDA e

写真は左ハンドル車

エクステリアデザインは、円を基調としシンプルかつモダンなデザインを目指し設計されています。

それは、世界でも権威のあるデザインに関する賞のひとつである「レッド・ドット・デザイン賞」において、2020年プロダクトデザインの最高賞である「ベスト・オブ・ベスト賞」を獲得しています。

インテリアデザインは、先進装備を搭載しつつ、シンプルで心安らぐリビングのような空間をイメージしてデザインされました。

エクステリア・インテリアどちらをとってもシンプルでありながら、他と違う「HONDA e」らしさがしっかりと表現されています。

先進の安全・安心サポート

HONDA e

写真は左ハンドル車

駐車支援システムとなる「Honda パーキングパイロット」をHONDA車として初搭載しています。

6つのパターンの駐車・出庫モードに対応し、駐車したい場所を選択しボタンを押すだけで、4個のマルチビューカメラと12個のソナーで駐車枠や空間を車が認識して、自動でアクセル・ブレーキ・ハンドル・シフト操作をおこない駐車します。

全方位衝突安全性能を実現するボディー骨格技術を採用し、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備しています。

<Honda SENSING 機能一覧>

・衝突軽減ブレーキ<CMBS>
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール<ACC>
・車線維持支援システム<LKAS>
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

「HONDA e」のスペック

HONDA e

写真は左ハンドル車

「HONDA e」には、「HONDA e」と「HONDA e Advance」の2タイプがあります。

「HONDA e」の主要諸元

※【 】内は「HONDA e Advance」

車名・型式:ホンダ・ZAA-ZC7
駆動方式:RR
乗用定員:4名
全長×全幅×全高:3895×1750×1510mm
ホイールベース:2530mm
電動機(モーター)型式:MCF5
定格出力:60kW
最高出力(kW[PS]/rpm):100[136]/3078-11920 【113[154]3497-10000】
最大トルク(N・m[kgf-m]/rpm):315[32.1]/0-2000
一充電走行距離(WLTC):283km【259km】
動力用主電池:リチウムイオン電池
電池容量:50Ah
価格(税込み):4,510,000円【4,950,000円】

補助金はもらえる?


「HONDA e」を購入する際に補助金がもらえるのか?というところは気になる点だと思います。

まず、結果から言いますと補助金をもらうことが可能です。

「HONDA e」は「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」の対象になります。

気になる補助金額ですが下記「経済産業省」ホームページの「対象車両一覧」を見てみると最大以下の補助金が支給されます。(あくまで参考金額としての認識でお願いします)

「HONDA e」:661,000円
「HONDA e Advance」:505,000円
(2022年1月6日時点)

※実際の補助金額に関しては、事前にご自身でご確認ください。
※地方自治体によっても補助制度がある場合がありますので、そちらの確認もすることをおすすめします。

参照:経済産業省HP
参照:経済産業省HP内補助金対象車両一覧

まとめ

可愛い電気自動車「HONDA e」ってどんな車?補助金は?ということで紹介してきましたが、いかがでしょうか?

「HONDA e」は、先進のテクノロジーを搭載し、シンプルでモダンなデザインの中に可愛さを併せ持つHONDA初の最新電気自動車ということが、判っていただけたと思います。

また、車両価格は400万円オーバーと高額ながらも、補助金の対象となりますのでそれも踏まえて検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んで「HONDA e」に少しでも興味を持っていただけたのであれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ライター:Ancar編集部 呉東和虎

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

HONDA e