【職人技】ベントレーやロールスロイスの内装の作り込みが凄すぎる

イギリスの二大高級車メーカー、ベントレーとロールスロイス。一般には高級車と言えばベンツやBMWなどのイメージが先行してあまりベントレーやロールスロイスという言葉はあまり出て来ないかもしれませんが、価格や一台の車に込める労力を含めた高級車という意味ではその二つを圧倒的に凌ぐものがあるでしょう。実際ベントレーやロールスロイスの内装の作り込みは凄まじいものがあり、思わずそこまでやるかと思ってしまうほどです。そこで今回は、そんなベントレーやロールスロイスが内装をどのくらい作り込んでいるのかについてお話していきます。

あまりにも豪華なベントレーの内装

まずはベントレーのその豪華すぎる内装について簡単に見ていきます。

https://www.bentleymotors.jp/models/bentayga/bentayga/img/03.jpg

https://www.bentleymotors.jp/models/bentayga/bentayga/img/06.jpg

まさに超高級車という感じがありありとでていますし、一見して緻密に設計されていることがわかる内装です。フロントの真ん中に置いてあるアナログ時計もベントレーの象徴ですね。

“ほぼ”手作りだから出せる美しさ

この美しい内装、実はそのほとんどが手作りで作られています。手作りだからこそ出せる美しさなのです。実際に工場では内装がどのように作られているのかについて紹介しましょう。

革の選定と切り取り

まず最初の工程ですがベントレーの車作りの肝となる牛の革の選定。実際に内装の写真を見てもらえればわかる通り一般的な車と比べて革の範囲が非常に大きく、ハンドルはもちろんドア横や収納ボックスの下まで全てが革で覆われています。ベントレーの使われている牛の革は作られる牧場が決められていて、基本的にヨーロッパの北部からしか革を取りません。それは傷がなるべくついていない革を使うためです。ヨーロッパ北部が選ばれている理由として牛が蚊に刺されないこと、そしてヨーロッパでは放牧が基本のため牧場の周りに有刺鉄線がないことが挙げられます。そうして取られた牛の革はさらにベントレーの工場内にいる職人が操作する機械によって傷がない部分を切り取られます。こうして大体一台に15頭ほどの牛の革が使われます。一般的に本革が使われている車では、多くても使われる牛は6頭から8頭ほど。これだけでもベントレーの車一台にかける労力が伝わってきます。

縫い合わせ

革を切り取ったあとは縫い合わせの作業。ここは完全に職人のみの作業です。そこで使われる作業具はなんと以外なことにフォークです。職人各々が持ち寄った自分のフォークで目印を等間隔につけていき縫い合わせます。そのためベントレーの革のスティッチの間隔は一台一台違うんですね。こうしてできた革をハンドルやドア横など至るところに貼って完成です。

木材

さらにもう一つ内装でこだわっているのが内装のところどころに使われている木。ベントレーでは10種類の木を保管しておりどのような内装にするかによって使い分けているそうです。本当に至れり尽くせりですね。

さらに高級志向のロールス・ロイスの内装

続いてベントレーよりさらに高級志向のロールスロイスの内装について見ていきます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら