【イギリスの大衆車】ミニじゃない!ADO16シリーズ

ADO15「ミニ」に続くADO16シリーズ

1956年のスエズ動乱(第二次中東戦争)の結果、原油価格の高騰でエコカーで無ければ立ちゆかなくなった英国自動車界と、そこに颯爽と誕生したコンパクトで低燃費の名車「ミニ」。 何となく後の1970年代に登場した初代ホンダ シビックなど日本車勢を思わせるエピソードですが、軽量コンパクトでスペース効率に優れたFF(フロントエンジン・前輪駆動)車となると、後のシビックを10年以上先取りした先進的存在だったことがわかります。 そして、そのヒット作で経営を盛り返せば、景気も上向けばユーザーはもう少しランクが高い車を欲しがる、ならば少し大きい車を…となるのも道理です。 日本では初代シビックの後は2代目シビックで少し大型化、さらにアコードなど大きな車を追加して車種ラインナップを豊富にしましたが、イギリスではちょっと事情は違いました。 ミニの生産と販売はそのまま続行、それより大きな車種を作ったのです。 それがADO16シリーズで、ミニのADO15シリーズに続くもの。 850~1,000ccクラスだったADO15シリーズに対し、ADO16シリーズは1,000~1,300ccクラスの車として作られ、1962年から順次発売されました。 今の日本で言うと、ADO15シリーズは軽自動車…までの税制上の恩恵は無かったので、ダイハツ ブーン / トヨタ パッソや三菱 ミラージュクラス、ADO16シリーズはトヨタ ヴィッツや日産 マーチクラスでしょうか。

ブランドひしめく大所帯、BMC

ところで先程から「ADO15とは何ぞや?ミニはミニじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。 これは製造元のBMC(ブリティッシュ・モーター・カンパニー)が、あまりの不景気で単独ではやっていけなくなった自動車の寄り合い所帯だったためで、戦前に合従連衡したルーツ・グループ(ヒルマン、ハンバー、サンビーム、タルボなど)を抜くイギリス第1位メーカーです。 BMCではオースチン、モーリス、MG、ウーズレー、ライレー、バンデン・プラ、オースチン・ヒーレーと多数のブランドを抱えており、ADO15シリーズも最初から「ミニ」だったのはモーリス ミニ・マイナーくらいでブランド違い派生車種が数多くありました。 ADO16でも同様で、以下の6車種が存在します。 ◆モーリス 1100 ◆MG 1100 ◆オースチン 1100 ◆バンデン・プラ プリンセス1100 ◆ウーズレー 1100 ◆ライレー ケストレル1100 まるでスバルやダイハツでも売っているトヨタ車のようですが、せいぜいエンブレムやデザインの細かいところをいじっただけで済ます日本車とは異なり、BMCではブランドに合わせてデザインや内装、搭載エンジンなどで性格を分けていました。 せっかくコストを下げるためのシリーズ展開であまり手をかけすぎるとコスト削減の意味が無いので心配になりますが、後に日本でも1990年前後のマツダがそれで大失敗しています。 日本で成功したのは2代目トヨタ パブリカのOEM車に独自エンジンを載せたダイハツ コンソルテくらいです。

名設計者アレック・イシゴニスの手腕で車そのものは名車尽くしに


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら