意外と忘れてない?違反しやすい道路標識と忘れがちな道路標識の種類

久しぶりに車を運転すると意外と忘れてしまっているのが道路標識、運転感覚などは体が覚えているものなので、意外と覚えていたりするものですが、標識は知識として記憶しているものなので、結構忘れたまま思いだせなかったりします。ペーパードライバーの人が久々に運転する際は特に注意しましょう。そこで今回は、意外と忘れがちな道路標識を4つ、違反しやすい道路標識を3つ、それぞれ紹介していきたいと思います。

意外と忘れがちな道路標識

車線減少

忘れがちな標識としてまず紹介するのは、車線減少の標識。この標識は割と頻繁に見かける上に、見逃してしまうと後で慌てて車線合流をしなければならなくなってしまうので、初心者の方やペーパードライバーの方は特に注意して見て欲しい標識です。また、似たような標識として幅員減少の標識があるので、ごっちゃにならないようにしましょう。

二方向交通

続いて紹介するのは二方向交通の標識。この標識はこの先に分離帯などが設けられていない対面通行の道路があることを示しています。この標識は運転している方でもうっかりと忘れていることがあるので、記憶が薄れている人は要注意です。この標識を知らないと、「車線が二つあると思って車線変更したら逆走だった」というように重大な事故に繋がりかねないので忘れていた人はもう一度覚え直しましょう。

優先道路

先ほどの二方向交通と同様、普段運転している人でも忘れていることが多いのが優先道路の標識。優先道路と書いてある通り、この標識が設置してある道路が優先道路となり、その道路に交差する車は徐行しなければなりません。形を見れば見たことあるかもとなるものの、意味に関しては忘れてしまっていることが多いので注意しましょう。

警笛鳴らせ

CTA画像
お店より高く売れる個人売買のAncar

出品無料でカンタン査定!まずは試しに出品してみよう

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら