高級車メーカーやスポーツカーメーカーが次々と高級SUVを作る理由

近年、高級車メーカーがSUVの開発、そしてNEWモデルを次々とリリースしています。ランボルギーニにもウルスというSUVがありますし、ポルシェのカイエンは大人気ですよね。ベントレー やアストンマーチンなど意外なメーカーからもSUVは販売されています。なぜそんな世界の高級車メーカー、スポーツカーメーカーはSUVを続々と開発、販売しているのでしょうか?

今回は代表的な高級SUVを紹介し、なぜ高級SUVの需要が増えているのかお話します。

高級スポーツカーメーカーのSUVといえば?

スポーツカーメーカーのSUVといえば皆さんが思い浮かぶ車種はなんでしょうか?その元祖、代表格として思い浮かぶのは、ポルシェ•カイエンではないでしょうか?純粋なスポーツカーしか作っていなかったポルシェが、SUVを発表した時は誰もが驚きました。

ポルシェ・カイエン

2002年に販売が開始されたポルシェの大ヒット作、カイエン。ポルシェらしいスポーティーなハンドリングと、走行性能や外観をもつカイエンは、実はポルシェとしては、あくまでも「新しいかたちのスポーツカー」とされており、定義付けられているのはご存知でしょうか?SUV=オフロード走破性、の概念が強かった市場ですが、カイエンにはポルシェらしいスポーツカーの要素がたっぷり。このカイエンをリリースした事によって爆発的なヒットとなり、ポルシェの財政難を救い、今では主力車種としてポルシェの稼ぎ頭となっています。

ポルシェ・カイエンは、自動業界にプレミアムスポーツSUVという新たな市場を切り拓くきっかけになったのです。

カイエンを追って各メーカーが続々とSUVをリリース。

そんなカイエンの大ヒットを受け、高級車メーカー、スポーツカーメーカーはSUVの開発に力を入れる事になりました。

次々と発売されるSUV

ジャガーからはFペース、マセラティからはレヴァンテ、ランボルギーニからはウルス、アルファロメオからはステルヴィオなどなど。SUV=オフロード、「オフロード」というイメージとは、掛け離れていたスポーツカーブランドから、次々にNEWモデルSUVがリリースされました。

そして超高級車ブランド、ベントレーからはベンテイガ、ロールスロイスからはカリナンが販売され、両車ともに超高額にも関わらず販売台数は伸びてヒットし続けています。記憶に新しいところでは、アストンマーティンから初のSUV、DBXが発表されたばかりですね。

ついにフェラーリからもSUVが

主要スポーツカーメーカー、高級車ブランドにてSUVモデルがリリースされていないメーカーは、もう無いのでは?というくらい、SUVが選び放題になりました。そんな中、遅れをとって2022年あたりに初のSUVモデルを発表しようとしている超高級スポーツカーメーカーがあります。誰もが知る超高級スポーツカーメーカー「フェラーリ」です。そんなフェラーリまでもがNEWモデルSUVは、「プロサングエ」(仮称)という名称で発売すると噂されています。

気づいたでしょうか?上記どれもイギリス、イタリアのメーカーなのです。

SUVだけどスポーツカーにも劣らない超高性能な走り

SUV??所詮スポーティー風味な4駆でしょ?と侮ってはいけない。

例えばベントレーのベンテイガ、新型の改良版ベンテイガスピードはなんと、6.0リッターW12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載します。最大出力は635ps!最大トルクは91.8kgm!そのポテンシャルは0~100km/h加速を3.9秒で駆け抜け、最高速度は306km/hにも達します。このスピードは最新型のポルシェ911カレラSと同等のポテンシャルとなるのです。

2.5トンもの巨体にも関わらず、まさに一流スポーツカー並の速さを発揮する。
ちなみに車両価格は3261万5000円~、お値段も超一流ですね…

SUVは富裕層からの需要が大きく関わっている。

では、なぜ各高級車メーカー、スポーツカーメーカーが、こぞってSUVを作り出すのでしょうか?

その理由は大きく二つの理由からだと考えられます。まず一つ目は、富裕層向けとしての高級SUVの需要が増えているという紛れもない事実。二つ目の理由としては、新興国からの需要です。

富裕層からの需要

富裕層は複数の車を所有する事が多く、スポーツカーや高級セダンの所有、そしてセカンドカーにSUVを所有することが多いと言われています。高級車メーカーは1台目だけでなく、2台目のSUVも自社の車を買ってもらえれば、単純に売り上げ増幅に繋がるという事。その様な理由から高級車メーカーが新しいSUVをこぞって開発しているのです。

新興国での需要

中国など、新興国の富裕層向け需要は各業界、及び世界的にも見逃せないほど大きなマーケットである事実があります。そして、新興国では道路の舗装状態が先進国に比べると非常に悪くなっています。車高の低いスーパーカーに跨ってるくせに、常に走行中は気を使いまくるという事で…本末転倒ですね。であれば、超高性能かつ走行性能も高く、ステイタス性の高いSUVの需要が高まるのも理解できます。

このように、スポーツカーメーカー、超高級車メーカーのNEWモデルSUVが増えているのは、富裕層からの需要がメーカーを動かす要因になっていると考えられます。
作れば売れる「SUV人気」はメーカーにとっても非常に好都合なのかもしれません。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら