国産エンジン史軽自動車・90年代の個性的な軽自動車エンジンたち・前編

1990年代は軽自動車エンジンが個性的だった時代

今思えば、1990年に軽自動車の排気量が660ccに上がってから1998年にさらにボディを拡大、安全性を向上させた現在の新規格軽自動車になるまでの8年間は、日本の軽自動車にとってものすごく「濃い」時代でした。

まだスバルが軽自動車を作っていましたし、マツダもエンジンこそスズキから供給されていたものの、オリジナルの軽自動車を販売していたのです。

三菱もEVに力を入れる前で個性的な軽自動車を作っていましたし、トールワゴン型やオープンスポーツなど、現在の高付加価値型軽自動車の原型が生まれた時代でした。

エンジンもそれ以前は大した種類が無かったのが、SOHC2バルブからDOHC4バルブまで、はたまたDOHC5バルブまで存在し、キャブレター式もあればインジェクション式も、それも3連スロットルまであり、エンジンそのものも3気筒と4気筒が混在していたんです。

現在ではそれらはコストカットもあってバッサリ整理され、あるいは軽自動車メーカーを作らなくなったメーカーまであって寂しくなりました。

あの90年代、今は亡き高名な自動車評論家の1人はその著書を「どれでも同じ。お好きなものをどうぞ。」と紹介していましたが、あの時代ほどいろいろな軽自動車、いろいろなエンジンを乗り比べられる時代も無かったのです。

NAでもターボでも傑作だったスズキのK6A

660cc時代初期にスズキの軽自動車用エンジン、F6Aは550cc時代のF5A/F5Bを660cc化したものですが、その前身は意外と古くて1970年代にジムニーの普通車版に搭載された4気筒800ccエンジン、F8Aです。

ボア・ストロークを上げて1,000ccまで排気量を上げたF10Aなど引き続きジムニーの普通車版に使用された事からもわかるように、元々普通車用エンジンでしたが、厳しい排ガス規制に対応するため4ストロークエンジンを作る事になった時、このF8Aを元に1気筒減らして軽自動車用3気筒エンジンとしたのがF5Aで、660cc時代になってからもF6Aとして引き続き使われました。

F5A時代から最廉価モデルのSOHC2バルブではエンジンの機械音や振動が激しく、またDOHC4バルブターボ版もよく回るエンジンでチューニング用のアフターパーツも多かったものの、それを搭載したアルトワークスがラリーやダートトライアルでダイハツのミラやスバル ヴィヴィオに対し芳しい成績を上げられなかった事もあって、軽自動車メーカー各社の中では比較的早めに新エンジンが投入されます。

それが1994年にアルト/アルトワークスのモデルチェンジでデビューしたK6Aで、20年以上作り続けたF系エンジンとは決別した完全設計のオールアルミエンジンでした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら