輸入車の魅力とは?日本車にはないアジがそこにあります!

輸入車に興味はあるけど未知の世界だから、少し手が出せない…。 そんな人が今まで輸入車に手を出さなかった理由はなんなのでしょうか? 壊れやすいと言われているから? 壊れやすく維持コストがかかりそうだから? これらの先入観は今となっては一昔前の話かもしれません。 輸入車に対してある一定の先入観がある方は居るかと思いますので、 まずは、本題に入る前に、輸入車と国産車との違いは何か?というのを 考えてみたいと思います。

国産車の特徴とは

日本の気候と交通事情を熟知した車作り

国産車最大のメリットは日本の交通事情を100%熟知した企業が設計しているという強みがあります。 さらに国民性も考慮されているので利便性も高いです。 具体的に述べると日本は島国で入り組んだ地形が多いので信号が多く他国に比べて渋滞しやすいという特徴があります。 また、高温多湿な気候で、電子部品に水分の付着やラバー部分の劣化が早いので複合的にトラブルが多くなりがちです。 これらの問題を踏まえて作成されているからこそ耐久性の高い自動車が提供されています。

日本人の車に対する概念

また、以前Ancar Channelで連載をされているプロレーサーの山口礼選手が国それぞれで車に対する概念が違うため、それが車作りにも反映されているという話がありましたが、日本は道具・ツールとしての車作りをする傾向にある国なため、とにかく楽で便利、そのため乗りやすいというのがあります。 (山口礼選手の記事は関連記事をご覧ください)

輸入車の特徴とは

気候の違いによる弱みもあるが強みもある

国産車と違い、環境に特化して作成されていないのでどうしても上記で述べたような、気候に対応する事が難しく電子系統の劣化が早く早期の交換整備を必要とします。 上記の理由から、輸入車は壊れやすいと誤認されてしまっていますが実際はエンジンやトランスミッションは機械的に丈夫であり、長期間の走行や10年以上乗り続けてもそれらの部品に重大な損傷がでてしまうことは非常に稀です。

丈夫で安全、それが輸入車

得手不得手がある、という考え方かと思うのですが、エンジンなどの構造部分はかなり丈夫で強固なため、乗っている際も安全ということは言えるでしょう。世界一安全な車となるとボルボが有名ですが、安全水準が非常に高いことと、ヨーロッパの極寒な気候でも乗りやすいように暖房器具系はかなり協力なものになっていたりもします。 ただ、ラバー部分の劣化が早いのでオイル漏れは国産クルマに比べておおくなるのでこちらも定期的な整備が必要になりますので、定期点検は疎かにしない方がいいでしょう。 このように、甲乙つけがたい国産車と輸入車ですが、 国産車と比べて多大なメリットが実は輸入車にはあるのです。

輸入車のメリット

長く共に生活しやすい輸入車

輸入車のフルモデルチェンジの周期は国産車が3.4年であるのに対して5.6年と長いため、デザインに古臭さがでにくく、デザインに飽きがきません。 更に乗り味が走行距離が増えれば増えるほど個人の特性を色濃く発揮しますので、ドライバーに応える従順な騎馬とでもいったような信頼関係を気づけるようにもなります。ポルシェが好きな方は乗ってあげる程に柔らかくなり、とても乗りやすくなる、という声をよく聞きます。 そして何より長時間ドライブを想定した作りになっているので高速道路での安定感や疲れにくさは、国産車と比べると雲泥の差があります。

最高の技術、最高のデザインを味わおう

また、これも山口礼選手の記事にあった先程の話ですが、ヨーロッパ諸国の例えばドイツなどはガジェット、工業製品として作っているので、最先端の技術や機能を導入することに注力しています。イタリアは車を芸術品と捉えているので、大変綺麗な作りをしている車が多いのも特徴ですね。つまり、最先端の車技術や、最高のデザインの車に乗れるというのが輸入車の魅力の1つであることは間違いないでしょう。 最初のとっつきにくさを感じる方は居るかもしれませんが、輸入車のディーラーも各社「購入を検討していない方でも是非試乗しに来ていただいて車を知ってほしい」と話しているので、是非一度、「どんなもんか乗ってやろう」くらいの気持ちでディーラーを訪れてみてはいかがでしょうか。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら