スズキのニューワゴンRはどこが変わったか|新たに加わった4つの性能

ワゴンRはスズキの車種の中でも高い人気を誇り、フルモデルチェンジの度に大きく進化してきました。この記事では、ニューワゴンRの新しい性能についてご紹介していきます。ニューワゴンRについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

ワゴンRってどんな車?

ワゴンRは、日本の二輪車・四輪車メーカー「スズキ」が製造・販売している軽自動車です。1993年に初代ワゴンRが発売され、1998年にはCMのイメージキャラクターにハリウッドスターを起用して話題になりました。以降のCMにも有名な芸能人を起用して注目を集めています。高い人気を誇り、誰もが一度は耳にしたことがある車種といえるでしょう。

軽ハイトワゴンのパイオニア的存在

ワゴンRは、軽ハイトワゴンのパイオニア的存在です。軽ハイトワゴンとは、通常よりも全高が高く、鼻先の短いボンネットが一体となった室内およびトランクの2つから成る1.5BOXスタイルの軽自動車をいいます。現在の軽自動車は背の高いデザインが増えていますが、その原点が1993年にスズキが発売したワゴンRです。軽でありながら広い室内空間を実現させたワゴンRは、軽自動車の歴史を変えたといわれています。

ワゴンRスティングレーは上級車種

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/34/%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3R_%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC.jpg

ワゴンRの上級車種として、「スティングレー」があります。元々はワゴンRのラインアップの1つとして2007年に発売されましたが、2008年のワゴンRフルモデルチェンジに際し、「ワゴンRスティングレー」という独立したモデルが誕生しました。ワゴンRとの大きな違いは、ターボエンジンが搭載されている点です。少ない排気量でもパワーが出せるため、坂道や高速道路の走行に強いというメリットがあります。

福祉車両にも使われている

ワゴンRは福祉車両としても使われています。スズキにはWITHシリーズというモデルがあり、エブリイやスペーシアなどから福祉車両を出しています。その1つに「ワゴンR 昇降シート車」があります。助手席にスライド・回転・昇降機能がついており、車外にスライドさせて車いすからの移動をサポートする仕様になっています。電動での座面位置・背もたれの調整、胸部固定用ベルト装備など、操作性や安全面にも配慮されています。

ニューワゴンRの新たな性能4つ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら