日産の歴代名車7選!日産ヘリテージコレクションで必ず見るべき3車種は?

日産ヘリテージコレクションというものがありますが、日産の名車に興味がある方は気になっているのではないでしょうか。この記事では見学する際に見ておきたい車をご紹介します。一度足を運んでみたいと思っている方は、是非、この記事を読み参考にしていただければ幸いです。

日産の名車とは

日産自動車の自動車は、歴史とともにいろいろな表現で語り継がれています。技術の日産という言葉通り、こだわりのある車好きが選ぶ自動車メーカーです。数多くの自動車を世に出してきた日産ですが、全てが商業面などで成功してきたわけではありません。それでも日産には時代、時代に日本車のエポックメーキングとなる数多くの名車が存在します。魅力あふれる日産の名車を見ていきましょう。

日産の歴代名車7選

数ある日産の名車の中でのベストオブベスト、と言える7台をご紹介します。日産は、1966年にスカイラインやグロリアを有するプリンス自動車工場を合併吸収しました。現在では、日産、インフィニティ、ダットサンのブランド名で自動車を販売しています。今回ご紹介する7台は、技術の日産の真骨頂が詰まった珠玉の自動車です。1台1台の素顔を見ていきましょう。

日産の歴代名車1:シルビアCSP311型

日産の車の中でも特に有名なシルビアですが、このCSP311型というのは初代のシルビアになります。継ぎ目を極力減らし美しい見た目に仕上げたりとこだわりの作品ですが、その分高価格であった為、商業的には成功したとは言えず、554台のみで生産を終了しました。しかし、シルビアは型を変え現在にもその名を残す日産の名車です。

日産の歴代名車2:ブルーバードP510型

P510型はブルーバードとしては3代目にあたるモデルです。当時としては珍しく窓を開ける必要のない換気システムや、一部の高級車などでしか使われていない部品を採用した作りで、1967年に発売されました。グローバル販売で155万台を販売し、日本で初めてグローバルでヒットした名車です。

日産の歴代名車3:エスカルゴ

パイクカーシリーズ唯一の商用車として1989年に発売されました。その見た目や機能性からコマーシャルカーとして人気を得て、キャンバストップ仕様なども発売されたりと、ちょっと変わった名車です。

日産の歴代名車4:フェアレディZS30型

S30型は、1969年に発売された初代のフェアレディZになります。北米市場のニーズに沿ったデザインをというコンセプトで誕生した名車で、日産のスポーツカーことを語るうえで欠かせない存在です。

日産の歴代名車5:プレジデント150型

プレジデントの初代である150型は、1965年に発売されました。当時の国産乗用車の中で車体・エンジンともに大きいサイズと言われており国産市販車初のリモコン式フェンダーミラー採用などもされた名車です。

日産の歴代名車6:セドリック430型

この430型は、1979年に発売されたセドリックの5代目です。それまでの同シリーズとは違い角張ったデザインに変更され、ターボエンジンが搭載されるなど、セドリックに革命を起こしたとも言える名車です。

日産の歴代名車7:スカイラインGT-R R32型

このGT-R R32型は、スカイラインの3代目として1989年に発売されました。モータースポーツでその名を知らしめた名車で、当時の先進技術をいくつも採用した高性能車です。

技術の日産と呼ばれた理由2つ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら