オーバーヒートの原因にも!ファンモーターの故障と交換

今回はオーバーヒートを起こしそうになった車を修理します。点検してみると、ファンモーターが動く様子がなかったので交換していきます。なぜファンモーターがオーバーヒートしてしまう原因になるのか、そしてオーバーヒートの予防策や気をつけるべきことついてもお話していきます。

オーバーヒートしてしまう原因

車がオーバーヒートしてしまう原因としてはサーモスタットの故障やクーラント(冷却水)の減少や様々ですが、今回入庫したお車は冷却ファンが回らずに水温が上がってしまいオーバーヒートを起こしそうになっていました。エンジンは水冷式です。水によってエンジンの温度を下げる方式で、熱くなってしまったエンジンの周りを冷却水が循環して温度を下げていきます。エンジンの熱によって熱くなってしまった冷却水は車の前頭部にあるラジエターを通ります。前頭部にあるので走行風によってラジエターを冷やすことで冷却水の温度も下げていきます。

ファンモーターの役割

ラジエターの前には電動ファンが付いていて、走行風の起きない渋滞での「のろのろ走行」の時や温度が急激に暑くなる夏など一定の温度を超えた時に作動して強制的に風を起こしてラジエターを冷やします。このファンの原動機のファンモーターが故障するとファンが回らずに冷却水の温度が上がるため、オーバーヒートを起こす原因となります。

オーバーヒートした際に気をつけること

ラジエターのキャップに要注意

ボンネットを開けると前方にラジエターのキャップがあります。熱くなっている時は栓を開けないでくださいと必ず警告がしてあります。冷却水は高温になります。おおよそ83度になる様に設定されています。ラジエターは圧力鍋の様に圧力がかかっていて電動ファンの故障などで水温が上がってしまい沸点を超えると圧力を逃がす弁が設定されています。オーバーヒートをした時にもくもくと白い煙が出るのは弁から圧力が逃がされているからです。その圧力がかかっている時に栓を開けるのはとても危険です。熱湯が吹き出します。エンジンが冷えていないうちにラジエターのキャップに触れるのは絶対にしないようにしましょう。

実は冷却水も高温

冷却水と聞くと冷たいイメージになりますが、本当はとても熱いものなのです。ラジエターで冷やされても2度か3度程度しか下がりません。冷たい水で冷やした方が早いように感じますが、エンジンは実は冷やし過ぎてもいけないのです。70度を下回るとオーバークールと言ってこれもエンジン不良の原因になります。とてもとても熱くなるエンジンなので通常よりは高温ですが、エンジンよりも少し低い温度の冷却水で十分なのです。なので真冬など暖気をしっかりしてエンジンと冷却水の温度をある程度上げてから走り出すのがエンジンに負担を掛けずにいいとされています。

ファンモーターの交換

今回の車両ではファンモーターが原因でしたので、車体から電動ファンを取り外してファンモーターを交換します。車種にもよりますが、今回のニッサン・セレナは車体前頭部をほぼ分解しないと電動ファンが取り出せない構造です。グリル、バンパー、ライトなど全て外してラジエターと電動ファンの隙間を作ります。かなり大掛かりな作業となります。ハイブリット車なのでバッテリーが二つ付いていますが、今回はサブバッテリーのみを外して作業します。メインバッテリーはアイドリングストップ用のバッテリーなので外してしまうとアイドリングストップの設定が必要となります。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら