車の走行中、助手席で寝ていいの?違法性は?検挙されるの?

    こんにちは。今回の記事では少しテイストを変えた記事を書きます。

    今回のテーマは「車の走行中に助手席のリクライニングを倒す」ことについてです。

    特に長距離のドライブになると、運転手が疲れるのはもちろんですが、助手席に座っているだけでも体に疲れがたまることがあります。

    そんな時にやってしまう、リクライニングを倒して体を休める行為。多くの人がやったことがあるとは思いますが、実はかなり危険な行為となっています。

    今回は、その行為について、安全性、違法性、検挙されるかどうかについて書きます。

     

    安全性

    「シートベルトをしていれば寝てても大丈夫でしょ!」と思いながらリクライニングを倒して休んでいませんか?

    もしそう思っているのであれば、認識を変えたほうがいいかもしれません。シードベルトは基本的に正しい着座姿勢で利用することで初めて事故の衝撃から守る事ができます。エアバックなどの他の安全装置も搭載されているのが最近の車ですが、基本的にそのような装置もシートベルトをきちんと装着した状態で初めて安全に動作するように設計されています。


     ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

    「90万円」高い売却に成功! K様



    コメント:
    愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
    改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

    高く売却できる『おまかせ出品』

    価格の交渉ができるかも!?

    詳細&査定はこちら

    Ancarのサービス詳細はこちら

    手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



    2019年11月グランドオープン!

    申し込み・予約はこちら