【さらば車酔い!】快適なドライブのためにドライバーが気をつけるべきこと

家族や友達と楽しくドライブ。気の許せる仲間と会話を楽しみながら、目的地に向かって気持ちよく車を走らせる。想像するだけで、ウキウキしますよね。しかし、あなたの運転が原因であなたの家族や友達を不快な思いにしていたらどうでしょう?もしかすると、「もうあなたの運転する車には乗りたくない」と思われてしまうかもしれません。そうならないために、今回は同乗者に車酔いする事なく、快適にドライブを楽しんでもらうためにドライバーが気をつけたいことを紹介したいと思います。

車酔いの原因と仕組み乗り物酔い

 

 

そもそも、なぜ車酔いが起こるのでしょう。何も腐ったものなど食べていないのに頭痛が起きたり、気持ちが悪くなったりする。考えてみると、少し不思議な現象です。
車酔いは、乗り物の揺れ、特に不規則な加速、減速の連続が耳の中にある三半規管を刺激することによって引き起こされます。この三半規管とは、平衡感覚を正常に保つために必要な器官です。ですので、三半規管が刺激されると平衡感覚のバランスが崩れ、自律神経に悪影響を及ぼし、頭痛、吐き気、嘔吐といった症状を誘発します。また、聴覚、嗅覚からの不快感から車酔いが起こることもあるそうです。

あなたの運転で車酔いさせないためには

では、車酔いのメカニズムが大まかに理解して頂いたと思うので、ここからは具体的にあなたの同乗者を車酔いさせないために、注意すべき点は何なのか、紹介していきたいと思います。

車内の臭いに気をつける

出典:https://sak1chi.com/6422-nioi10/

上記のとおり、車酔いは嗅覚からの不快感により引き起こされる場合も多々あります。私自身も、車内の臭いがキツかった場合、車酔いを起こしやすくなっていた記憶があります。

車内の臭いを防ぐ対策としては、市販の車用芳香剤を設置するという方法が一番効果的です。特に、ラベンダー、ペパーミント、グレープフルーツなどの香りには自律神経を整える作用があるのでオススメです。また、定期的に車の窓を開け、空気の入れ替えをすることも重要です。

それでも臭いが取れない場合や、芳香剤の匂いが苦手な方は、整備工場で車内清掃、消臭を行うことで車内の臭いを無くすことが出来ます。Repeaではあなたに最適な整備工場を地図上で素早く簡単に見つけることが出来ます。また、整備工場ごとの利用ユーザーの評価を見ることができるので、安心して最適な整備工場を見つけられます。詳しくはこちらをクリック

また、車内でタバコを吸うと臭いが染み付いてしまい、なかなか取り除くことができなくなるので、できるだけ控えた方がいいでしょう。

タイヤの空気圧

出典:https://tire.bridgestone.co.jp/runflat/

タイヤの空気圧が適正でないと細かい揺れなどが多くなり乗り心地が悪くなり、車酔いにつながります。

車のタイヤの最適空気圧は車によって違い、最適な数値などは運転席ドア開講口などで確認できます。

車のタイヤの空気圧チェックは一ヶ月に一回必要と言われています。ご自身で確認する際は、タイヤがひえきっていること、空気調整は指定の数字を下回らず上限10%にすること、空気漏れやホイール点検等も行うことを覚えておきましょう。

これだけの作業が面倒な方は、ガソリンスタンドに行った際に定期的にタイヤの空気圧をチェックする、整備工場に行って空気圧、タイヤの点検を一緒にしてもらうといいでしょう。タイヤは消耗品なので、必要があれば交換しましょう。

急な車の発進、停止を避ける

ここでようやく運転についてのアドバイスです。これまでの記述の通り、実は車酔いはドライバーの運転技術と同じくらい、車や車内環境が原因で引き起こされる場合が多いのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら