放置は非常に危険。車はどれくらいの頻度で動かすべき?

最近は外出自粛の流れもあり、車を動かす機会が減っている方も多いと思います。車を含め機械系の物は長い間動かさないと悪くなるということは一般的に知られていますが、車の場合はどれくらいの頻度で動かせば悪くならないのでしょうか。今回は、車を動かす頻度についてお話していきます。

車を放置するとどうなる?

まずは車を長期間放置するとどんなことが起こるのかについてお話していきます。

タイヤが変形

まず、長期間同じところに置いておくとタイヤが変形してしまいます。長時間同じ体勢ということは、タイヤの一点だけに力が加わり続けているので、その部分のゴムが変形してしまうのです。4つのタイヤがすべて変形してしまうと、安くても4万円ほどかかってしまうのでもったいない出費です。

ガソリンが腐る

次にガソリンが腐ってしまいます。正確に言いますと腐るという現象ではないのですが、強烈な臭いが発生することから腐るという風に言われています。ガソリンが腐ると、強烈な臭いがするだけではなくヘドロが発生し、エンジンに詰まってしまったり、エンジンタンクの腐食も進みます。エンジンタンクが腐食されると、車の内部にガソリンが漏れてしまうので深刻な問題です。ガソリンが劣化し始めるのが半年ほどなのでそれ以上放置している人は気をつけてください。

部品の劣化

普段はエンジン内の部品の摩擦を減らすために、エンジンオイルが部品の周りに纏わり付いています。これは部品を傷つけないために大事なことです。しかし、長期間車を放置しますと当然ながら纏わり付いていたエンジンオイルは全て落ち、部品は何もコーティングされていない状態となってしまいます。そうなってくると鉄が酸化し部品の強度は一気落ちる上、久しぶりにエンジンを回す時にコーティングされていないので壊れてしまう可能性が非常に高くなるのです。

バッテリーが上がる

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら