引っ張りタイヤのメリット6選とデメリット5選|装着時の注意点5選は?

引っ張りタイヤは、ドレスアップの定番で、装着すれば、スタイリッシュでスポーティーなイメージを得ることができ、今とても人気があります。引っ張りタイヤのメリットはどのようなものがあるのか、メリットとデメリットについて調べてみました。

引っ張りタイヤとは

今とても人気のある引っ張りタイヤですが、実際にはどういうものを引っ張りタイヤというのでしょうか。

引っ張りタイヤというのは、ホイールの適正なサイズよりも細身のタイヤを履かせた状態のことを指していいます。つまり、ホイールのリムによってタイヤを引っ張っているイメージです。

もともとはヨーロッパで普及していたものですが、最近は日本でも人気が上がってきました。なぜ引っ張りタイヤは人気があるのでしょうか。

引っ張りタイヤはなぜ人気?

引っ張りタイヤがなぜ人気があるのかは、引っ張りタイヤのメリットやデメリットについて考える必要があります。

とくに引っ張りタイヤはハンドリング性が高いために、レーシングカーのセッティングにも利用されています。また引っ張りタイヤを施すことで、ホイールの美しさを際立たせる効果があることから、モーターショーなど、プロでもよく利用しています。

ただ一方で、安全面で不安な点などデメリットもあります。

引っ張りタイヤのメリット6選

引っ張りタイヤには装着することで、いくつものメリットがあります。人気の引っ張りタイヤのメリットについて6つあげてみました。

タイヤのセッティングを変えるだけで、いったいなにがどんな風に変わり、こんなにも人気を集めることになったのか、メリットを知ることで、引っ張りタイヤの良さを理解しましょう。

そして引っ張りタイヤを、自分が使うことでどのような効果を得られるかを考えてみましょう。

メリット1:外観がスタイリッシュに見える

引っ張りタイヤを装着すると、とにかく外観がスタイリッシュでカッコ良くなります。なんといっても引っ張りタイヤの大きなメリットはこのルックスにあるわけです。

外観は、ホイールがタイヤから飛び出ているようなイメージが特徴で、タイヤが薄く見えるため、すっきりとしたシャープです。その印象が多くの人に支持されている理由です。

またホイールを突きだすことでホイールを際立たせ、個性的なホイールを演出できます。

メリット2:異音やフェンダー破損の原因対策になる

引っ張りタイヤのメリットには、フェンダーとホイールの側面を合わせてツライチにする場合、タイヤがホイールに擦れて異音が出たり、フェンダーの破損の原因になったりすることがあります。

そこで、引っ張りタイヤを装着すれば、フェンダーとタイヤの間に隙間ができますので、異音やフェンダー破損の原因の対策になります。

そして、ツライチの効果もそのまま得ることも可能です。それもメリットになります。

メリット3:走行性能が向上する

低扁平タイヤはレーシングカーなどでコーナリングをする際に操作がしやすいので重宝されますが、値段が高いのが難点です。

引っ張りタイヤはその低扁平のような走行性能の向上を期待できます。低扁平タイヤの効果を引っ張りタイヤでは安い価格で手に入れることが可能です。

タイヤを引っ張ることによって、地面に接地する面が広くなります。それがハンドリングにダイレクトに伝わって操作がしやすくなるのがメリットです。

メリット4:低車高でタイヤとフェンダーの干渉度が低い

スポーツカーなどでは、車高が低く、タイヤとフェンダーが干渉するところに問題がありますが、ここにも引っ張りタイヤを使うことでメリットがあります。

引っ張りタイヤであれば、タイヤとフェンダーの隙間に余裕が生まれるため、干渉度が低くなります。

引っ張りタイヤの特徴である、タイヤを引っ張ることによって、タイヤの肩の部分がフラットに近づくために、タイヤとフェンダーの干渉度が低くなるというメリットになります。

メリット5:コーナリングがしやすく操作性が魅力

レーシングカーなどで用いられる低扁平タイヤのメリットについては説明しましたが、この低扁平タイヤはハンドリングの操作を高める効果があり、とくにコーナリングのしやすさについては大きく実感できます。

低扁平タイヤのかわりに引っ張りタイヤを使えば安価で同じ効果を得られるメリットがあります。

タイヤに余計な弾力性が軽減されるため直接走行する地面の感覚を感じられるため、安全運転にも繋がります。

メリット6:ホイールのデザインが強調される

引っ張りタイヤは、ゴムの面からタイヤを見ると、ホイールよりも細目のタイヤを履かせるために、ホイールが外に飛び出ているように見えます。

引っ張りタイヤのメリットは、ホイールがタイヤのゴムよりも飛び出ていることで、ホイールのデザインがリアルに強調されることになり、個性的なデザインのホイールを楽しめるようになるというメリットがあります。

引っ張りタイヤのデメリット5選

引っ張りタイヤのメリットを見てきましたが、ここではデメリットについても確認していきましょう。

引っ張りタイヤを装着することで、メリットばかりではなく、色々と問題があることも事実です。メリットばかりでないことをしっかりと知った上で、引っ張りタイヤを装着するかどうかを検討する必要があります。

デメリットは5つあります。それぞれ見ていきましょう。

デメリット1:エアー管理がとても重要

引っ張りタイヤは、ホイールのサイズよりも細目となっています。つまり通常のサイズではないわけですから、走行中にタイヤがホイールから外れてしまう可能性があります。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら