初めて聞いた?!世界のマイナースーパーカー「グンペルト アポロ」

アウディの元エンジニアが作ったグンペルト アポロ。


アウディのエンジニアが一念発起と一転直下

CCライセンス 表示Gumpert Apollo S by eduparise

以前はアウディに勤めていたエンジニア、ローラント・グンペルト氏が、スーパーカーを作りたくなって設立したのがグンペルト・シュポルトヴァーゲンという小規模メーカーです。

早速スーパーカー作りに取り掛かったグンペルト氏は、2005年にスーパーカー「アポロ」を発表、2006年から発売開始したというので、ここ最近ポッと出のスーパーカーメーカーというわけではなく、10年くらい前にポッと出たくらいの違いです。

しかしやはりスーパーカー作りで食っていくのは厳しかったのか、2013年、設立からわずか8年ほどで経営破綻してしまい、グンペルト・シュポルトヴァーゲンは倒産してしまいます。

クルマの注文が無かったわけではないみたいなんですが、こうしたスーパーカーの材料というのは買い付けにも多額のマネーを必要とします。

好きな時に好きなだけ金を融資してくれる都合のいい金融機関や、スポンサーでもバックについていればよかったんでしょうが、中東のお金持ちなんかは自分たちでライカンなどスーパーカーメーカーを作ってしまったので、グンペルト氏はうまくスポンサーを作れなかったのかもしれません。

ともかく、クルマを作るのは時間がかかりますし、うまいこと納車されてお金になるとしても、それまで材料やエンジンなどを供給してくれるサプライヤーが、支払いを待ってくれるとは限らず。

そうこうしているうちに銀行が融資を引き上げて倒産してしまうというのも中小企業ではよくある話なので、グンペルト・シュポルトヴァーゲンもそんな感じで倒産してしまったのではないでしょうか。

なお、この手の話は大企業でも起こり得ることで、過去にはボーイングと並ぶ旅客機の老舗メーカー、アメリカのダグラス社が、新型の注文が殺到している中で生産するための資金が尽きてしまうという「黒字倒産」によって、倒産しています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら