初めて聞いた?!世界のマイナースーパーカー(3) グンペルト アポロ

世界のマイナースーパカーその3は、アウディの元エンジニアが作ったグンペルト アポロ。


アウディのエンジニアが一念発起と一転直下

CCライセンス 表示Gumpert Apollo S by eduparise

以前はアウディに勤めていたエンジニア、ローラント・グンペルト氏が、スーパーカーを作りたくなって設立したのがグンペルト・シュポルトヴァーゲンという小規模メーカーです。

早速スーパーカー作りに取り掛かったグンペルト氏は、2005年にスーパーカー「アポロ」を発表、2006年から発売開始したというので、ここ最近ポッと出のスーパーカーメーカーというわけではなく、10年くらい前にポッと出たくらいの違いです。

しかしやはりスーパーカー作りで食っていくのは厳しかったのか、2013年、設立からわずか8年ほどで経営破綻してしまい、グンペルト・シュポルトヴァーゲンは倒産してしまいます。

クルマの注文が無かったわけではないみたいなんですが、こうしたスーパーカーの材料というのは買い付けにも多額のマネーを必要とします。

好きな時に好きなだけ金を融資してくれる都合のいい金融機関や、スポンサーでもバックについていればよかったんでしょうが、中東のお金持ちなんかは自分たちでライカンなどスーパーカーメーカーを作ってしまったので、グンペルト氏はうまくスポンサーを作れなかったのかもしれません。

ともかく、クルマを作るのは時間がかかりますし、うまいこと納車されてお金になるとしても、それまで材料やエンジンなどを供給してくれるサプライヤーが、支払いを待ってくれるとは限らず。

そうこうしているうちに銀行が融資を引き上げて倒産してしまうというのも中小企業ではよくある話なので、グンペルト・シュポルトヴァーゲンもそんな感じで倒産してしまったのではないでしょうか。

なお、この手の話は大企業でも起こり得ることで、過去にはボーイングと並ぶ旅客機の老舗メーカー、アメリカのダグラス社が、新型の注文が殺到している中で生産するための資金が尽きてしまうという「黒字倒産」によって、倒産しています。

ともあれ、資金繰り以外には特にグンペルト氏に落ち度は無かったようで、倒産直後に香港からの資本で会社は再生、現在は「アポロ・オートモビル」として経営再建を果たし、相変わらずグンペルト氏が責任者兼チーフエンジニアとして指揮をとっているそうです。

アポロとはどんなクルマか

CCライセンス: 表示CCライセンス: 継承Gumpert apollo S by Benoit cars

さて、そのグンペルト氏のデビュー作「アポロ」は、氏の出自を表すようにアウディ製の4.2リッターV8ツインターボを搭載し、650馬力を発揮するスーパーカーです。

過剰なほどの装飾が目立ち、クルマというより何か別な物体にすら見えないこともない昨今のスーパーカーと異なり、アポロは古典的なスッキリとしたスタイルが信条です。

特にフロントなどはオーバハングも少なく、車重もわずか1.1tですから、大きなリアウイングがついているリアはともかく、フロントはこれでしっかりダウンフォースが出ているのか、いささか心配になります。

650馬力という出力は日産 R35GT-Rニスモ(600馬力)とそれほど違いませんし、車重が軽くオーバーハングが少ないことから、どちらかといいえば高速安定性より、コーナリングマシンとしての加速重視なスーパーカーなのかな?という印象を受けます。

しかし、実際には各部に開いているエアインテークやアウトレットが少しずつ分散してダウンフォースを発生するように配慮されており、見た目よりは高速安定性が良いのかもしれません。

あまり空力だけに頼りすぎて、車重が軽すぎたり重量バランスを損なうと、急激に気流が剥がれた時にちょっと怖いことになるのですが、そのへんどうなのでしょう?

ニュル北で示した実力

CCライセンス: 表示CCライセンス: 継承Gumpert Apollo by Shane’s Stuff

しかし、2009年8月にはニュルブルクリンク北コースで、「公道走行可能なクーペボディのスポーツカーの世界最速記録」を樹立し、2013年9月にポルシェ918に破られるまではアポロが最速でした。

ニュルでそれだけの実力があれば本物というべきで、やはりグンペルト氏には才能があったのでしょう。
なお、2016年のジュネーブショーには「アロー」と名付けられた新作が展示され、アポロ・アローとして販売予定です。

グンペルト先生の次回作にご期待下さい!

Ancar | Ancar(アンカー) - 中古車の個人間売買
Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買www.ancar.jp

 


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら