ラリーの王者ポルシェ最後の激闘!ダカールラリーで圧倒的に強かった959

ポルシェ 959は市販車初の最高速300km/h

1986年にデビューしたポルシェ 959。 それまでのスーパーカーが「公称」最高速度300km/hのスペックを誇ったのとは裏腹に、実際にその速度で走行するのが困難と言われた中、世界で初めて「実際に」300km/hで走ることができたスーパーカーと言われています。 直後にフェラーリ F40が同じく300km/hオーバー、それも959より速かったので「世界最速の市販車」であった時期は短かったものの、両車ともその時代を代表するスーパーカーであったことは間違いありません。 エンジンはグループCカー、962C用の水平対向エンジンを排気量ダウンした2,848ccツインターボで450馬力を発揮。 外観上、特にフロントはポルシェ911と似ており、発売当時の930型というより90年代の993型を先取りしたようなスタイルでしたが、リアフェンダーをはじめテール部分は全くの別物。 実際911と同じ外装パネルを使った個所は無く、空力的に考え抜かれたデザインでした。

画期的な電子制御4WDシステム

959の特徴は300km/hの最高速度を保証したボディの空力だけではなく、その4WDシステムにありました。 それまでの4WDは手動で2WDと4WDを切り替えるパートタイム式、センターデフにビスカスを用いて常時前後輪に駆動力を配分するフルタイム式とありましたが、959はそのどちらでもない可変トルクスプリット式。 走行状況に応じてコンピューターが自動的に前後輪への駆動力配分をコントロールする電子制御式で、スイッチひとつでモード選択を行うことにより、ドライバーの好みなどに応じた制御に切り替えることもできたのです。 この電子制御可変スプリット式4WDシステムは、後の日産 スカイラインGT-Rに採用された同様の4WDシステム「アテーサE-TS」にも影響を与えたと言われています。 これにより、ベースとなった911(930型)と同じように日常の足として使うこともできれば、アウトバーンを最高速で駆け抜けることも、あるいは車高も変更できたので、4WDを活かして悪路を高速で書け抜けることもできました。 そう、この959はそもそも、WEC(世界耐久選手権)とWRC(世界ラリー選手権)、オンロードとオフロード両面で活躍可能なグループBマシンとして開発されたマシンだったのです。

ダカールラリーへの挑戦


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら