【6ジャンル別】フェアレディZのZ35モデル予想|歴代モデルを振り返ろう

フェアレディZの最新モデルである「Z35」の情報が世界で飛び交っています。ここでフェアレディZの歴代モデルを振り返るとともに、最新モデルであるZ35のモデル予想を様々な視点から紹介します。これを見て最新モデルの発売に備えましょう。

フェアレディZの新型Z35モデルとはどんな車?

フェアレディZと言えば、日産が誇るスポーツカーの代名詞的存在の車種です。国内のみならず海外でも人気が高く、モデルチェンジするたびに、多くの注目を集める存在です。今回のフェアレディZの新型モデルZ35が2021年に発売すると日産が発表しました。モデルチェンジは12年ぶりで、新型モデルは現行モデルよりも高パフォーマンスのツインターボチャージャー付きV6が搭載されるなど、早くも様々な予想が盛り上りを見せています。

新型フェアレディZの新しいロゴ

このフェアレディZの新型モデルZ35は、そのロゴ自体も刷新されると話題を呼んでいます。既にカナダとニュージーランドで商標登録が確認されています。そのデザインは、同様に刷新される日産のブランドロゴ同様に2次元でレトロなイメージが漂うものになっています。これは、現在の「サムライクラシック」のZスラッシュとことなり、セリフフォントというスラッシュが入ったデザインを特徴としています。

フェアレディZの歴代モデル6つ

このフェアレディZの新型モデルZ35は、そのロゴ自体も刷新されると話題を呼んでいます。既にカナダとニュージーランドで商標登録が確認されています。そのデザインは、同様に刷新される日産のブランドロゴ同様に2次元でレトロなイメージが漂うものになっています。これは、現在の「サムライクラシック」のZスラッシュとことなり、セリフフォントというスラッシュが入ったデザインを特徴としています。

歴代モデル1:フェアレディZ(S30型)

初代フェアレディZ(S30型)は先代の「ダットサン・フェアレディ」に代わり、1969年にデビューした日産を代表するスポーツカーです。世界総販売台数55万台(国内販売は8万台)を達成した世界的にその名を轟かせました。S30は、2.0〜2.8Lの直列6気筒エンジンを搭載していました。ハイスペックでセンスの良いボディスタイルでありながら、当時としては廉価で比較的所有しやすい価格であることが最大の武器でした。

歴代モデル2:フェアレディZ(S130型)

2代目フェアレディZ(S130型)は、最初のフルモデルチェンジを受け、1978年にデビューしました。1代目のロングノーズ・ショートデッキスタイルを継承しながらも、全長は空力特性の向上のため拡大し燃料タンクとスペアタイヤ格納位置も後方へ移動しました。初代から大幅に進化した2代目のフェアレディZは41万台を生産販売しました。乗用車としては国内では初めて、専用のターボエンジンとして「L20ET」を搭載し、さらにターボ車も発売された記念すべきモデルです。

歴代モデル3:フェアレディZ(Z31型)

3代目フェアレディZ(Z31型)もロングノーズ・ショートデッキのコンセプトを引き継ぎつつも、外観アデザインは大きく変化しました。一番大きな変更点は、丸型ヘッドライトを当時流行していたセミリトラクタブルヘッドライトに変更されたことです。全てのグレードにV型6気筒のターボエンジンを載せました。しかも、その後にターボを搭載した直列6気筒モデルも投入されました。また1986年のマイナーチェンジでエクステリアが変更されています。

歴代モデル4:フェアレディZ(Z32型)

4代目フェアレディZ(Z32)は、初代から引き継がれたロングノーズ・ショートデッキのスタイルに大幅変更され、さらに迫力あるヘッドライトが固定式となりました。高性能スポーツカーとしてさらに強化された3.0Lツインターボエンジンは、国内最強の馬力を誇り300PSを発生しました。このパワフルさは、当時の運輸省の指示により、国内自動車メーカー間で「280PS自主規制」の取り決めが生まれるきっかけとなりました。

歴代モデル5:フェアレディZ(Z33)

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら