ユーザー車検とディーラー車検の価格差は?|車検に関する悩みまとめ

車を購入した人は必ず通さなければならない車検。維持費の中でも一番お金のかかるものであり、車検に向けてお金の管理もしていかなければなりません。車検の方法や車検にやらなければならないことはたくさんあるので不安に思ったり悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。そこで今回はそんな車検に関する悩みと回答を、車に関する質問や回答を行っている「クルマの相談所」から選抜して紹介していきたいと思います。これから車を購入しようと思っている方も現在悩みがある方も是非参考にしてみてください。

クルマの相談所 https://www.ancar.jp/question/forum?utm_source=channel&utm_medium=banner

車の車検に関する悩みまとめ

ユーザー車検についての質問

平成22年式のLS460に乗っています。ユーザー車検の費用はいくらかかりますか?

回答

持込ですので、自賠責保険・重量税・検査印紙程度で7万円程ですが、テスターや代書など必要に応じて加算もあると思います。やや任意ですが整備記録簿の提出と自動車税の納税が前提ですので、ご確認・ご準備をなさってから行かれるとよいと思います。

質問の詳細はこちら→https://www.ancar.jp/question/forum/67/

ディーラーでの車検と違い、ユーザーが自分で通すことから値段を安く抑えることのできるユーザー車検。安いと言っても7万ほどはかかる上に、故障があった場合は自分で修理工場へ持っていかなくてはならないため負担は大きいです。

ユーザー車検とディーラー車検の価格に関する質問

車検費用について質問させていただきます。ディーラーに車検をお願いする場合と、自分で車検を通す場合だといくらくらい金額変わってきますか?車種は2017年式のアルファードです。

回答

基本的には点検費用と車検代行費用分が浮くことになり国産ですと2〜3万くらいになると思われます。整備もしなければその分の費用も浮くことになりますが、故障してしまったらそれ以上の金額がかかってくることもあります。

質問の詳細はこちら→https://www.ancar.jp/question/forum/18/

一番最初の質問と関連しますが、ディーラー車検とユーザー車検の価格差についての質問です。ディーラー車検とユーザー車検の価格差は海外の車になるともっと大きくなり、ユーザー車検にする人が多くなります。

車検の点検項目に関する質問

某ガソリンスタンドで車検をとった後、エアコンが故障しました。エアコンは車検時の点検整備とは関係ないと言われましたがどうなんでしょうか?

回答

残念ながら基本的には「エアコン」は法定点検整備の項目にはないと思います。ガソリンスタンドでも整備工場でも法定点検整備の項目は基本的には一緒です。仕方ありませんね…

質問の詳細はこちら→https://www.ancar.jp/question/forum/136/

こちらは車検の点検項目に関する質問。一見車検と聞くと、車の状態全てを見てくれるイメージがありますが状態全てを見てくれるのはディーラー車検のみの場合が多いです。ガソリンスタンドやユーザー車検では最低限の点検項目のみをチェックするため、その点検項目に入っていない箇所の故障は見逃してしまいます。車検を行う前に項目を確認しておくと良いでしょう。

車のカスタムと車検についての質問

2015年式のポルシェに乗っています。マフラー交換を考えているのですが車検が心配です。マフラー交換は車検が通るのでしょうか?

回答

車検証の備考欄に加速騒音規制適用車等の記載がある場合、走行騒音テストにて認証されたマフラー以外の社外品に交換すると車検は通りません。交換をされるのであれば認証マフラーへの交換をオススメします。またはポルシェの場合オプションのスポーツエキゾーストマフラーを後付けできます。任意でマフラーのバルブを開閉できるので気分に応じて楽しめます。または純正マフラーがバルブ開閉式であれば、後付けでエキゾーストバイパスモジュールを取り付けリモコン開閉が可能です。

質問の詳細はこちら→https://www.ancar.jp/question/forum/31/

カスタムする時に一番心配なのが車検に通るかどうか、カスタムしている車には車検に通らない車が多く、何も考えずに改造してしまうと公道を走れなくなってしまいます。もちろん、認証されているカスタムパーツもたくさんあるので、カスタムをする際は認証されているものでするようにしましょう。

気になったことは質問しよう!

今回は車の購入に関する悩みについてピックアップしましたが、みなさんの悩みは解決でしたでしょうか。できていない人も今回のピックアップしてきた「クルマの相談所」で質問すれば専門家や一般の方がその悩みを解決してくれるかもしれません。気になった方は是非質問してみてください。

クルマの相談所 https://www.ancar.jp/question/forum?utm_source=channel&utm_medium=banner


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら