テスラの車に搭載されている対生物兵器モードは花粉も防げる超万全機能だった!

都市部の空気は汚れており、季節の変わり目や寒くて空気が乾燥している時期は病気が心配です。汚れた空気から人々を守るのがこの対生物兵器モード。生物兵器は第1次世界大戦で使用された過去があり無差別に命を奪う兵器です。現在では生物兵器禁止条約が結ばれ使用や製造は禁止されていますが、制定後の日本でも生物兵器が使用されたことがあり危険は去っていません。他の兵器に比べても目に見えずとても危険な兵器です。対生物兵器モードはそんな生物兵器から運転手をどのようにして守ってくれるのか調べていきます。

テスラとは?

会社概要

テスラは、2003年にアメリカのシリコンバレーを拠点として生まれた企業です。 社名の由来は、テスラコイルの発明者で有名な物理学者のニコラ・テスラ氏。イーロン・マスク氏が創業者と思われていますが、創業者はマーティン・エバーハード氏とマーク・ターペニング氏です。

自動車メーカーの中では珍しいシリンコンバレーに本拠地を構える企業です。テスラは他の大手自動車メーカーよりIT系ベンチャー企業に近く、 出資者を見てもシリコンバレーで有名なGoogleやebayといった大企業から資金提供を受けています。

テスラが作る自動車はすべて電気自動車です。製品の数も少なく、ひとつひとつを大切にし大々的に売り出す方法で大手自動車メーカーの売り方とは大きく違います。 2008年にテスラ初の電気自動車として発売されたロードスターは当時注目され、レオナルド・ディカプリオがトヨタのプリウスから乗り換えたとして有名になりました。新型テスラロードスターのスペックは高く0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上と電気自動車ながらパワフルな性能です。日本でも日産リーフが電気自動車の中で比較的普及していましたが、最近ではテスラの車も日本の公道で見かけるようになりました。

対生物兵器モード

テスラが取り扱っている新車に搭載された空調システムには3つのモードが搭載されています。1つ目のモードは車外の空気を取り込む外気循環モード、2つ目のモードは車内の空気を回す内気循環モード、最後に3つ目のモードが対生物兵器モードです。車のモニターに表示されたボタンを押すと起動でき、車内の圧力を車外より高くすることで外の粒子や病原菌を車内に入れないようします。テスラ独自開発の高精度なフィルターを搭載しているので空気を取り込む際も防ぐことができます。

進む大気汚染

大気汚染は世界各国で問題視されており様々な対策を打ち出していますが、東京都は2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにする計画を発表しました。(都民は光合成を身につけるしかなさそうです)近年世界で問題となっているPM2.5は、大気中に浮遊している直径2.5μmの非常に小さな粒子のことを言います。PM2.5は工場や自動車、船舶、航空機などから排出された煙や粉じん、硫黄酸化物などの大気汚染の原因となる粒子状の物質を指します。

PM2.5は粒子の大きさが非常に小さく、肺の奥深くにまで入り込みやすいので、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると言われています。特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、お年寄りや子どもなどは影響を受けやすいと考えられています。

日本国内におけるPM2.5の濃度は工場・事業場などの煙を多く発生する施設の規制や自動車排出ガス規制などによって平均的な濃度は減少しています。PM2.5濃度は季節による変動があり、3月から5月にかけて濃度が上昇するとされています。またPM2.5影響は国内だけでは抑えることができず中国から日本へPM2.5が飛来してくることによる空気汚染も毎年観測されています。

匂いや煙の除去、花粉症に有効

匂いや煙を除去してより綺麗な空気に

テスラの車に搭載された対生物兵器モードは医療用のHEPAフィルターと活性炭によるフィルターを合わせた二重構造になっています。このフィルターを搭載することで普通のフィルターでは出来ない微細なレベルまで空気を綺麗にします。高い風量を保ち車内の圧力を外気より高く保つことで、車外からHEPAフィルターを通らない空気が入り込まないようにしています。

一般的に使用されているHEPAフィルターの他にULPAフィルターがあります。ULPAフィルターはHEPAフィルターよりもきめ細やかなフィルターを使っており、普通では除去できないレベルの最近まで除去できます。しかしきめ細やかなすぎて風量が落ち高性能ながらデメリットが目立つフィルターです。一般で使用されているHEPAフィルターは工場等にあるクリーンルームでも使われるほど高性能で、家庭用の空気清浄機にとってはHEPAフィルターの性能で十分と言われています。

花粉を除去して花粉症対策

HEPAフィルターと活性炭によるフィルターを合わせた独自のエアコンフィルターのおかげで花粉、バクテリア、ウイルスを防げます。そして汚染物質の車内への侵入を防げるので、花粉症の人にも役立つモードと言えます。またPM2.5も防ぐことができ、対生物兵器モードを使用すると2分から3分ほどで車内のPM2.5をほとんど除去できるそうです。

万能ではあるがウイルスは防げない

細菌やペストは取り除けるがウイルスは難しい

テスラの電気自動車に搭載されている生物兵器防衛モードで使用しているのはHEPAフィルターを強化したものです。HEPAフィルターは0.3マイクロメートルの粒子を99%取り除くことができます。幅1~1.2マイクロメートルの炭疽菌もキャッチでき、ペストや細菌、花粉やホコリ、菌の胞子を防ぐことができます。HEPAフィルターには0.2マイクロメートルの細かいものもありますが、さらに細かいフィルターにすると逆に空気が通りづらくなり時間がかかります。

ウイルスは細菌より小さくフィルターで取り除くのは難しいと言われています。0.3マイクロメートルのHEPAフィルターではウイルスは取り除くことは不可能に近いです。天然痘ウイルスは幅0.2~0.3マイクロメートルで、HEPAフィルターを使用してもギリギリ取り除けるかもしれません。

冬の時期に大流行するインフルエンザAウイルスは幅0.08~0.12マイクロメートルでとても小さく、0.2マイクロメートルの一番性能の高いHEPAフィルターでも通過できてしまいます。

イーロン・マスク氏は、Model Xの空調システムのウイルス除去効果は他の車の800倍であると述べていますが本当の効果は詳しく実験してみないとわかりません。実際にフィルターで除去できないウイルスの中には生物兵器になるようなものも含まれているので安心はできません。

そもそもフィルターがなくても生物兵器は車の中に入りにくい

生物兵器防衛モードではフィルターが強化されているだけではなく、車内の気圧が高くなります。社内の気圧が高ければ車内に外の空気は入ってきません。しかし、車内の気圧を高めるための空気は外から取り込む必要があります。そのためにはテスラが独自開発したHEPAフィルターを使用して空気を浄化します。

対生物兵器モードに残る課題

対生物兵器モードを使うには、まず運転手自らが生物兵器で攻撃されたことに気付かなければ使用できません。兵器が使用されたことに気づくには、兵器の被害を受けて症状が出てからです。すぐに症状が出るとは限りません。数日から数週間かかる可能性も考えられます。もし本当に生物兵器に対してこのモードを使用するなら合わせて兵器を感知する機能も必要です。

また、この対生物兵器モードを使用するとバッテリーを大量に消費するので注意が必要です。電気自動車は比較的普及してきましたが充電できる場所はいまだに少なく、一回バッテリーを満タンにするのにも時間がかかります。電気自動車でありながら電気を大量に消費するこのモードはまだ成熟しているとは言いにくです。

この対生物兵器モードのオプション価格は37万6000円だそうです。PM2.5などの大気汚染が深刻な地域に住んでいる方や花粉症に悩まされている人はこのオプションに向いているのではないでしょうか。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。