テスラの車に搭載されている対生物兵器モードは花粉も防げる超万全機能だった!

都市部の空気は汚れており、季節の変わり目や寒くて空気が乾燥している時期は病気が心配です。汚れた空気から人々を守るのがこの対生物兵器モード。生物兵器は第1次世界大戦で使用された過去があり無差別に命を奪う兵器です。現在では生物兵器禁止条約が結ばれ使用や製造は禁止されていますが、制定後の日本でも生物兵器が使用されたことがあり危険は去っていません。他の兵器に比べても目に見えずとても危険な兵器です。対生物兵器モードはそんな生物兵器から運転手をどのようにして守ってくれるのか調べていきます。

テスラとは?

会社概要

テスラは、2003年にアメリカのシリコンバレーを拠点として生まれた企業です。 社名の由来は、テスラコイルの発明者で有名な物理学者のニコラ・テスラ氏。イーロン・マスク氏が創業者と思われていますが、創業者はマーティン・エバーハード氏とマーク・ターペニング氏です。

自動車メーカーの中では珍しいシリンコンバレーに本拠地を構える企業です。テスラは他の大手自動車メーカーよりIT系ベンチャー企業に近く、 出資者を見てもシリコンバレーで有名なGoogleやebayといった大企業から資金提供を受けています。

テスラが作る自動車はすべて電気自動車です。製品の数も少なく、ひとつひとつを大切にし大々的に売り出す方法で大手自動車メーカーの売り方とは大きく違います。 2008年にテスラ初の電気自動車として発売されたロードスターは当時注目され、レオナルド・ディカプリオがトヨタのプリウスから乗り換えたとして有名になりました。新型テスラロードスターのスペックは高く0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上と電気自動車ながらパワフルな性能です。日本でも日産リーフが電気自動車の中で比較的普及していましたが、最近ではテスラの車も日本の公道で見かけるようになりました。

対生物兵器モード

テスラが取り扱っている新車に搭載された空調システムには3つのモードが搭載されています。1つ目のモードは車外の空気を取り込む外気循環モード、2つ目のモードは車内の空気を回す内気循環モード、最後に3つ目のモードが対生物兵器モードです。車のモニターに表示されたボタンを押すと起動でき、車内の圧力を車外より高くすることで外の粒子や病原菌を車内に入れないようします。テスラ独自開発の高精度なフィルターを搭載しているので空気を取り込む際も防ぐことができます。

進む大気汚染

大気汚染は世界各国で問題視されており様々な対策を打ち出していますが、東京都は2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにする計画を発表しました。(都民は光合成を身につけるしかなさそうです)近年世界で問題となっているPM2.5は、大気中に浮遊している直径2.5μmの非常に小さな粒子のことを言います。PM2.5は工場や自動車、船舶、航空機などから排出された煙や粉じん、硫黄酸化物などの大気汚染の原因となる粒子状の物質を指します。

PM2.5は粒子の大きさが非常に小さく、肺の奥深くにまで入り込みやすいので、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると言われています。特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、お年寄りや子どもなどは影響を受けやすいと考えられています。

日本国内におけるPM2.5の濃度は工場・事業場などの煙を多く発生する施設の規制や自動車排出ガス規制などによって平均的な濃度は減少しています。PM2.5濃度は季節による変動があり、3月から5月にかけて濃度が上昇するとされています。またPM2.5影響は国内だけでは抑えることができず中国から日本へPM2.5が飛来してくることによる空気汚染も毎年観測されています。

匂いや煙の除去、花粉症に有効

匂いや煙を除去してより綺麗な空気に

テスラの車に搭載された対生物兵器モードは医療用のHEPAフィルターと活性炭によるフィルターを合わせた二重構造になっています。このフィルターを搭載することで普通のフィルターでは出来ない微細なレベルまで空気を綺麗にします。高い風量を保ち車内の圧力を外気より高く保つことで、車外からHEPAフィルターを通らない空気が入り込まないようにしています。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら