【厳罰化】運転中の「ながらスマホ」の罰金が3倍に?「免許停止」の可能性も

ながらスマホ

2019年12月から、「ながら運転」が「改正道路交通法」により厳罰化されます。携帯電話使用(ながらスマホなど)による事故は年間2,000件以上あり、増加傾向にあります。その対策として、道路交通法改正による「ながら運転」の厳罰化がはじまります。スマートフォンは何かと便利な存在であり、運転中であってもスマホを使いたくなってしまう方も少なくないかもしれません。

そこで今回は、「ながら運転」がどのように厳罰化されるのか、「ながら運転」をしないための対策について紹介していきます。

「ながらスマホ」が厳罰化

「ながら運転」の厳罰化は「改正道路交通法」の施行によって12月1日に厳罰化されます。まずはどのように厳罰化されるのかを見ていきましょう。

罰金が3倍に?「免許停止」や「免許取消」の可能性も

・携帯電話の使用等(交通の危険)のケース

違反点数:2点(飲酒帯点数:14点) → 違反点数:6点(飲酒帯点数:16点)

罰則:3か月以下の懲役又は5万円 → 罰則:1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

反則金:
大型車 1万2千円
普車通 9千円
二輪車 7千円
原付車等 6千円
 反則金:適用なしで罰則を適用

・携帯電話の使用等(保持)のケース

違反点数:1点(飲酒帯点数:14点 → 違反点数:3点(飲酒帯点数:15点)

反則金:
大型車 7千円 → 2万5千円
普通車 6千円 → 1万8千円
二輪車 6千円 → 1万5千円
原付車等 5千円 → 1万2千円

参考:警視庁

携帯電話使用等の「交通の危険」による違反の場合、違反点数が6となります。違反点数が6点以上の場合は「免許停止」となってしまうので、重い罰則になるといえます。また、反則金の代わりに罰則が適用されるようになります。携帯電話使用等の「保持」による違反の場合でも、全体的に厳罰化されることが分かります。違反点数は2点上がっています。また、普通車の場合、反則金が6,000円から18,000円となり、3倍もの反則金が課されるようになります。

なぜ「ながら運転」が厳罰化されるのか?

「ながら運転」による事故件数は2倍以上に

ながら運転

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
ながらスマホ