ロシアのマイナースーパーカー「E-GO revolt」

「E-GO revolt」、その名は「反乱」

「revolt」、日本語に直訳すると「反乱」を意味する物騒な名前のスーパーカーですが、それがロシア産と言われると「革命」などを意味するのかもしれません。 これが発表された2008年10月と言えば、ロシア初のスポーツカーメーカーと言われて、以前このシリーズでも紹介した「マルシャ・モーターズ」が最初のモデル「マルシャ B1」を紹介したのと同時期。 最高出力420馬力の英コスワース製3.5リッターV6エンジンをミッドシップに搭載していたマルシャ B1がフェラーリやランボルギーにに対する明らかな憧憬に包まれたデザインだったのに対し、E-GO revoltは重厚さと流麗さを兼ね備えたハイパーカー風の趣でした。 そのシルバーのヌメっとしたボディはまるでCGのよう…というより、おそらくCGなのでしょう。 何しろこのrevoltどこを見ても実車らしき姿がほとんど見当たらず、実車が存在したのかも不明です。

「E-GO revolt」の中身はロシア版三菱 GTO?

そもそもE-GO社とは何か? revoltの存在が伝えられた時の情報では、モスクワを本社とした新興のコーチビルダー、つまりボディメイクを得意とするカスタムメーカーのようです。 日本で言うと光岡自動車や、あるいは最近トヨタ 2000GTのレプリカ製作で有名なロッキーオートのような存在でしょうか。 ロシア語のサイトで数少ない情報を漁っていくと、バスの架装などもしているのか、あるいはそちらが本業なのかもしれません。 そうなると、三菱 GTOのプラットフォームを使ってオリジナルボディを架装…というプロジェクトもそう無理なものでは無さそうに思えます。 3リッターV6DOHCツインターボの三菱6G72エンジンを、輸出版の325馬力(国内仕様は280馬力)から550馬力にチューンナップして搭載、これも日産 RB26DETTやトヨタ 2JZ-GTEのチューニングエンジンに比べればおとなしめの数値ですから、現実性があるのでは? ただ問題は、三菱 GTOは2001年3月で販売終了しており、ギリギリまで生産が続けられたとしても7年オチの中古車がベースになることでしょう。 あるいはベースとなった大型セダン、ディアマンテの2代目が2005年まで作られているので、そちらをベースにした可能性もありますが。

デザインは紆余屈折?

三菱 GTOそのものは巷で言われているほどポテンシャルの低い車ではなく、過剰にデコレーションされた内外装や余計な装備を外して軽量化を詰めていけば、スポーツカーとして十分通用する素性は持っていました。 そのため、「究極のGTOを作ろうじゃないか、ウラー!」とウォッカをあおりながら気合を入れれば、それなりにすごいスーパーカーができそうでもあります。 ただ、曲がりなりにも量産車を送り出したマルシャがそうだったように、ロシアの新興自動車メーカー最大の課題は資金力です。 E-GOもご多分に漏れず常に資金問題に直面していたようで、2008年の発表以来、どこかのモーターショーに展示されたですとか、どこかでテストカーが走っているのを目撃されることもありません。 一番「実車」と言えるのはオレンジと黒のツートーンボディ…というより、まんまGTOのカスタムカーという姿でしたが、さすがにこれは本命では無かったのでしょう。 一番よく知られているrevoltの姿は、どちらかといえば、日産 R35GT-Rのコンセプトカー時代に似ていました。

最後はミッドシップ風?

そうこうしているうちに2011年頃まで来てしまいますが、この種の車でデザインその他の煮詰めに年単位の時間がかかるのはよくある話です。 三菱 GTOをベースにしてそこまで時間をかけていいのかはまた別かもしれませんが。 会社の方も「E-GO」から「E’GO」に代わってロゴも刷新されるという、どうでもいい変化がありました。 そのあたりでデザインその他は大きく変更があったようで、フロントのボンネットはかなり低く、そしてラジエターがリアに移設されたようで、フロント以外にリアフェンダーにも大きなエアインテーク(空気取入口)が設けられています。 一見するとミッドシップエンジンに切り替えたかと思いきや、ボンネットの排熱用エアアウトレットは残っていますし、スペック上もV6エンジンをフロントに横置きなのは変わらないので、ラジエター移設のみの変更なのでしょう。 このデザインで4台ほどのプロトタイプが完成しているとも、2013年頃からのデリバリー見込みとも言われていましたが、結局それっきりになってしまいました。

revoltはあくまでデザイン上での話であり、何度も書くように実車の存在が確認されていません。 そのため、実際の性能面などは想像するしか無く、「マイナースーパーカー」というより、単なる「スケッチだけの幻の車」な可能性が高いです。 しかし、そういう車は世の中何台もあるでしょうし、新型車の噂が流れてくるたび登場する、出処の怪しいCGを見ていると、こうして何年も細々と語り継がれるrevoltは、本当にいつかは登場するのかもしれませんね。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら