ロシアのマイナースーパーカー「E-GO revolt」

「E-GO revolt」、その名は「反乱」

「revolt」、日本語に直訳すると「反乱」を意味する物騒な名前のスーパーカーですが、それがロシア産と言われると「革命」などを意味するのかもしれません。 これが発表された2008年10月と言えば、ロシア初のスポーツカーメーカーと言われて、以前このシリーズでも紹介した「マルシャ・モーターズ」が最初のモデル「マルシャ B1」を紹介したのと同時期。 最高出力420馬力の英コスワース製3.5リッターV6エンジンをミッドシップに搭載していたマルシャ B1がフェラーリやランボルギーにに対する明らかな憧憬に包まれたデザインだったのに対し、E-GO revoltは重厚さと流麗さを兼ね備えたハイパーカー風の趣でした。 そのシルバーのヌメっとしたボディはまるでCGのよう…というより、おそらくCGなのでしょう。 何しろこのrevoltどこを見ても実車らしき姿がほとんど見当たらず、実車が存在したのかも不明です。

「E-GO revolt」の中身はロシア版三菱 GTO?

そもそもE-GO社とは何か? revoltの存在が伝えられた時の情報では、モスクワを本社とした新興のコーチビルダー、つまりボディメイクを得意とするカスタムメーカーのようです。 日本で言うと光岡自動車や、あるいは最近トヨタ 2000GTのレプリカ製作で有名なロッキーオートのような存在でしょうか。 ロシア語のサイトで数少ない情報を漁っていくと、バスの架装などもしているのか、あるいはそちらが本業なのかもしれません。 そうなると、三菱 GTOのプラットフォームを使ってオリジナルボディを架装…というプロジェクトもそう無理なものでは無さそうに思えます。 3リッターV6DOHCツインターボの三菱6G72エンジンを、輸出版の325馬力(国内仕様は280馬力)から550馬力にチューンナップして搭載、これも日産 RB26DETTやトヨタ 2JZ-GTEのチューニングエンジンに比べればおとなしめの数値ですから、現実性があるのでは? ただ問題は、三菱 GTOは2001年3月で販売終了しており、ギリギリまで生産が続けられたとしても7年オチの中古車がベースになることでしょう。 あるいはベースとなった大型セダン、ディアマンテの2代目が2005年まで作られているので、そちらをベースにした可能性もありますが。

デザインは紆余屈折?

三菱 GTOそのものは巷で言われているほどポテンシャルの低い車ではなく、過剰にデコレーションされた内外装や余計な装備を外して軽量化を詰めていけば、スポーツカーとして十分通用する素性は持っていました。 そのため、「究極のGTOを作ろうじゃないか、ウラー!」とウォッカをあおりながら気合を入れれば、それなりにすごいスーパーカーができそうでもあります。 ただ、曲がりなりにも量産車を送り出したマルシャがそうだったように、ロシアの新興自動車メーカー最大の課題は資金力です。 E-GOもご多分に漏れず常に資金問題に直面していたようで、2008年の発表以来、どこかのモーターショーに展示されたですとか、どこかでテストカーが走っているのを目撃されることもありません。 一番「実車」と言えるのはオレンジと黒のツートーンボディ…というより、まんまGTOのカスタムカーという姿でしたが、さすがにこれは本命では無かったのでしょう。 一番よく知られているrevoltの姿は、どちらかといえば、日産 R35GT-Rのコンセプトカー時代に似ていました。

最後はミッドシップ風?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら