ポルシェボクスターの主な維持費6つ!維持費を抑える方法とは?

みなさん、ポルシェに憧れはありますか。この記事を開いてくださった方はきっとそういう思いをお持ちだと思います。しかしなかなか手が出せないのが実情でしょう。しかし、ここでご紹介するボクスターはポルシェの中でも購入に踏み切れる可能性が大です。そんなポルシェのボクスターの主な維持費6つと維持費を抑える方法3つを紹介いたします。

ポルシェとは?

ポルシェは、ドイツの高級自動車メーカーです。2シーターのオープンカーも多く、映画やドラマの登場人物が乗っていることも多い、車好きな人にはたまらないメーカーです。1,000万円近い値段の車種もありますが、その価格に見合うだけの価値がある車です。町で見かけると誰もが振り返ってしまうほどのカッコよさ、他にはない格別さがこの車にはあります。この記事では、ポルシェの維持費を中心に解説していきます。

ポルシェ「ボクスター」とは?

ここではポルシェの中でも、ボクスターという車をご紹介します。ボクスターは、ポルシェ・ケイマンのオープンカーバージョンといった車です。ポルシェといえば911のイメージがありますが、それには手が届かない方でもボクスターであれば購入できる可能性があります。ボクスターは700万円台が相場と言われています。また、中古であれば500万円を切ってくることもあるのでお買い得です。

ボクスターの特徴

では、ボクスターの特徴には一体何があるのでしょうか。ポルシェならではの他にはない魅力がたくさんあります。911じゃないからと言って何も魅力が半減するわけではありません。ここでは、3つの項目に分けてその格好良さを解説しています。老若男女問わず、クルマ好きの憧れであるポルシェには、憧れを持たれるだけの理由があります。この項の内容をじっくりを読んでいくと、欲しい気持ちがグッと高まってくるのではないでしょうか。

特徴:2シートのオープンカー

まず何と言っても特徴的なのが、2シートのオープンカーである点です。世に走るほとんどの車は二列か三列シートがあります。スポーツカーならではのこの仕様は、昔から今も憧れを持たれます。また、オープンカーである点も見逃せません。ポルシェケイマンなどはオープンカーではありませんから、ポルシェの中でもボクスターは特徴的な車です。この車で海辺をドライブできたら、気持ちが良いのではないでしょうか。

特徴:洗練された外観

ポルシェボクスターの特徴は、洗練された外見にあります。街で見ると一目で「ポルシェだ」とわかる外見でありながら、そのスマートで流線型のフォルムは見る人の心を鷲掴みにします。スポーツカーらしい上側が少し下がったライトと低い車高、カラーリングは十色以上から選べるので、こだわりにピッタリ合う車をオーダーすることができます。乗らずに眺めているだけでも、大変満足できる車ではないでしょうか。

特徴:パワフルなエンジン

ポルシェボクスターの特徴の三つ目には、パワフルなエンジンが挙げられます。718ボクスターを数値で見ると、その出力はなんと300psで、最高速度はカタログでは275キロメートルも出ます。もちろん日本の公道ではそんな速度は出せませんが、高速道路で追い越しをする時など、少しアクセルを踏み込むだけで、強烈なリアクションが帰ってくるあの感触は、病みつきになるのではないでしょうか。

ポルシェボクスターの主な維持費6つ

 

ここからは、ポルシェボクスターの維持費についてみていきましょう。車自体の値段は調べればすぐにわかりますが、維持費についてはなかなか把握できません。また外車であることから、日本車よりも維持費がかかるというイメージもあります。維持費のことも考えて車は購入しなければいけないので、ご紹介する6つの項目は、とても大きなヒントになることでしょう。

主な維持費1:燃料代

まず一つ目の維持費は、燃料代です。車にかかる維持費といえばこの燃料代が挙げられます。一回の金額はそれほどでもありませんが、遠くまで走れば走るほど高くついてしまうのがこの燃料代です。ポルシェボクスター718のカタログ上の燃費は、およそ14キロメートルです。入れる燃料はハイオクなので、レギュラーガソリンよりは少し高いです。

主な維持費2:任意保険料

次に維持費として必要になってくるのが、任意保険料です。加入必須の自賠責保険については後ほど解説をしますので、ここでは任意保険の料金についてご説明します。対物対人などの任意保険は、走行距離や事故歴、年齢などによって変化するのですが、目安としては年間4万円ほどが相場と言われています。また、これは車両保険なしの場合なので、車両保険をつけると年間10万円を超える保険料がかかってくることになります。

主な維持費3:メンテナンス代

次に維持費として見ていくのはメンテナンス代です。ポルシェボクスターの車検に関しては別の項を設けてありますので、洗車やエンジンオイルの交換などがこれに当たります。ボクスターのエンジンオイルの交換は、どこの店でもやってくれるわけではありません。工賃を含め、3万円ほどの料金が必要になるのではないでしょうか。

主な維持費4:自動車税

自動車税は、車の維持費を考える上で優先的に考える必要があります。自動車税は自動車を所有する人全員が支払う義務がある税金です。エンジンの排気量によって定められているため、エンジンのパワーがあるボクスターは少し高めに設定されています。自動車税は年度の初め、つまり4月1日に郵送されてきます。その納付書に応じて支払わなければ、車検の際に延滞料とともに支払う義務が生じます。エンジンの排気量が2,000cc以下の場合は36,000円、2,500cc以下の場合は43,500円が必要になります。(2020年4月現在)

主な維持費5:駐車場代


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら