ポルシェボクスターの主な維持費6つ!維持費を抑える方法とは?

みなさん、ポルシェに憧れはありますか。この記事を開いてくださった方はきっとそういう思いをお持ちだと思います。しかしなかなか手が出せないのが実情でしょう。しかし、ここでご紹介するボクスターはポルシェの中でも購入に踏み切れる可能性が大です。そんなポルシェのボクスターの主な維持費6つと維持費を抑える方法3つを紹介いたします。

ポルシェとは?

ポルシェは、ドイツの高級自動車メーカーです。2シーターのオープンカーも多く、映画やドラマの登場人物が乗っていることも多い、車好きな人にはたまらないメーカーです。1,000万円近い値段の車種もありますが、その価格に見合うだけの価値がある車です。町で見かけると誰もが振り返ってしまうほどのカッコよさ、他にはない格別さがこの車にはあります。この記事では、ポルシェの維持費を中心に解説していきます。

ポルシェ「ボクスター」とは?

ここではポルシェの中でも、ボクスターという車をご紹介します。ボクスターは、ポルシェ・ケイマンのオープンカーバージョンといった車です。ポルシェといえば911のイメージがありますが、それには手が届かない方でもボクスターであれば購入できる可能性があります。ボクスターは700万円台が相場と言われています。また、中古であれば500万円を切ってくることもあるのでお買い得です。

ボクスターの特徴

では、ボクスターの特徴には一体何があるのでしょうか。ポルシェならではの他にはない魅力がたくさんあります。911じゃないからと言って何も魅力が半減するわけではありません。ここでは、3つの項目に分けてその格好良さを解説しています。老若男女問わず、クルマ好きの憧れであるポルシェには、憧れを持たれるだけの理由があります。この項の内容をじっくりを読んでいくと、欲しい気持ちがグッと高まってくるのではないでしょうか。

特徴:2シートのオープンカー

まず何と言っても特徴的なのが、2シートのオープンカーである点です。世に走るほとんどの車は二列か三列シートがあります。スポーツカーならではのこの仕様は、昔から今も憧れを持たれます。また、オープンカーである点も見逃せません。ポルシェケイマンなどはオープンカーではありませんから、ポルシェの中でもボクスターは特徴的な車です。この車で海辺をドライブできたら、気持ちが良いのではないでしょうか。

特徴:洗練された外観

ポルシェボクスターの特徴は、洗練された外見にあります。街で見ると一目で「ポルシェだ」とわかる外見でありながら、そのスマートで流線型のフォルムは見る人の心を鷲掴みにします。スポーツカーらしい上側が少し下がったライトと低い車高、カラーリングは十色以上から選べるので、こだわりにピッタリ合う車をオーダーすることができます。乗らずに眺めているだけでも、大変満足できる車ではないでしょうか。

特徴:パワフルなエンジン

ポルシェボクスターの特徴の三つ目には、パワフルなエンジンが挙げられます。718ボクスターを数値で見ると、その出力はなんと300psで、最高速度はカタログでは275キロメートルも出ます。もちろん日本の公道ではそんな速度は出せませんが、高速道路で追い越しをする時など、少しアクセルを踏み込むだけで、強烈なリアクションが帰ってくるあの感触は、病みつきになるのではないでしょうか。

ポルシェボクスターの主な維持費6つ

 

ここからは、ポルシェボクスターの維持費についてみていきましょう。車自体の値段は調べればすぐにわかりますが、維持費についてはなかなか把握できません。また外車であることから、日本車よりも維持費がかかるというイメージもあります。維持費のことも考えて車は購入しなければいけないので、ご紹介する6つの項目は、とても大きなヒントになることでしょう。

主な維持費1:燃料代

まず一つ目の維持費は、燃料代です。車にかかる維持費といえばこの燃料代が挙げられます。一回の金額はそれほどでもありませんが、遠くまで走れば走るほど高くついてしまうのがこの燃料代です。ポルシェボクスター718のカタログ上の燃費は、およそ14キロメートルです。入れる燃料はハイオクなので、レギュラーガソリンよりは少し高いです。

主な維持費2:任意保険料

次に維持費として必要になってくるのが、任意保険料です。加入必須の自賠責保険については後ほど解説をしますので、ここでは任意保険の料金についてご説明します。対物対人などの任意保険は、走行距離や事故歴、年齢などによって変化するのですが、目安としては年間4万円ほどが相場と言われています。また、これは車両保険なしの場合なので、車両保険をつけると年間10万円を超える保険料がかかってくることになります。

主な維持費3:メンテナンス代

次に維持費として見ていくのはメンテナンス代です。ポルシェボクスターの車検に関しては別の項を設けてありますので、洗車やエンジンオイルの交換などがこれに当たります。ボクスターのエンジンオイルの交換は、どこの店でもやってくれるわけではありません。工賃を含め、3万円ほどの料金が必要になるのではないでしょうか。

主な維持費4:自動車税

自動車税は、車の維持費を考える上で優先的に考える必要があります。自動車税は自動車を所有する人全員が支払う義務がある税金です。エンジンの排気量によって定められているため、エンジンのパワーがあるボクスターは少し高めに設定されています。自動車税は年度の初め、つまり4月1日に郵送されてきます。その納付書に応じて支払わなければ、車検の際に延滞料とともに支払う義務が生じます。エンジンの排気量が2,000cc以下の場合は36,000円、2,500cc以下の場合は43,500円が必要になります。(2020年4月現在)

主な維持費5:駐車場代

忘れてはいけない維持費は、駐車場代です。車庫証明が必要になりますが、とにかく車を保管する場所は絶対に確保しなければいけません。特にポルシェボクスターは高級車ですから、ある程度セキュリティーのしっかりしたところに停めておきたいでしょう。駐車場代は都市と地方で大きく違いますが、都市部であれば月に約3万円、地方であれば月に5千円くらいのところが多いようです。年間で見ると大きく差が開くことがわかります。

主な維持費6:車検費

車を買う上で絶対に必要となるのが、車検費用です。車検の年が来るたびに面倒だという声も聞こえますが、安全に車に乗り続けるために、この制度は欠かすことができません。車検費用も安い金額ではありません。様々な要素が組み合わさって車検の整備費用となるため、ここではさらに三つの項目に分けて詳しく解説をしていくことにします。印紙代、重量税、自賠責保険の費用がかかります。

車検で払う法定費用:印紙代

まず必要になるのが、印紙代です。車検をする時にかかる事務手数料のようなものです。印紙という言い方からもわかるように、この代金は現金やカードではなく、印紙を購入してその紙で支払います。ポルシェボクスターは3ナンバーになりますので、一般的な継続検査でかかる費用は、印紙400円と証紙1,400円の計1,800円となります。(2020年4月現在)

車検で払う法定費用:重量税

車検費用として次にかかってくるのが、重量税です。重量税とは、車の重さによって値段が変わる税金のことです。ボクスターの車検は2年に一回なので、2年分の重量税を支払うことになります。車両重量1,000kg超~1,500kg以下のポルシェボクスターの重量税は24,600円となりますが、13年経過すると重量税がプラスされますので注意が必要です。(2020年4月現在)

車検で払う法定費用:自賠責

最後にご紹介するボクスターの維持費は自賠責保険です。自賠責保険とは正確には「自動車損害賠償責任保険」と言いますが、万が一人を巻き込んだ事故を起こしてしまった場合に、その賠償をするための保険です。加害者が保険に入っておらず、被害者が泣き寝入りする事態を防ぐための保険です。ボクスターは普通自動車で2年ごとの車検なので、一回で25,830円の費用がかかります。(2020年4月現在)

維持費を抑える方法3つ

ボクスターでなくとも、車を持つということにどれほど維持費がかかるかご認識いただけたのではないでしょうか。ボクスターの場合は部品の交換費用も嵩むため、30万円くらいは車検のたびに用意しておいてほうが良いでしょう。維持費を少しでも抑えるために、ここからは三つの節約方法をお教えします。お金に余裕があるのと、お金を無駄に払うのとは全く違います。

方法1:綿密にローンを組む

第一にあげられる維持費を抑える方法は、緻密にローンを組むことです。一括で車を購入する方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はローンを組むのではないでしょうか。ローンの組み方にもいろいろあり、期間や、ボーナス払いなどがあります。財政状況にあったローンを組むことが大切です。ボーナス払いにするよりは、頭金を入れて定額で支払ったほうが負担が少ないというデータもあります。ファイナンシャルプランナにと相談する方法もありますので、専門家の意見を参考に維持費を抑えましょう。

方法2:こまめにメンテナンスをしながら乗る

維持費を抑える上で次に大切となるのが、こまめにメンテナンスをしながら乗るということです。例えばエンジンオイルの交換は、義務ではありません。ですがポルシェボクスターは、メーカーから一年に一回の交換が推奨されています。エンジンオイルの交換をせずに放っておくとトラブルが起きて、より金額が嵩みます。特にボクスターは外車であるため、修理費用や部品費用が高くなる傾向があります。こまめにメンテナンスすることが結果としては金額を抑えられる、ということが言えるのではないでしょうか。

方法3:任意保険の見直しをしてみる

維持費削減で最後に大切なのが、任意保険の見直しをすることです。加入した時とは状況が変わっていることが多いです。年齢や走行距離、事故歴などによって、最初の保険よりも見直しをすることで安くなる場合があります。途中で解約して戻ってくる金額で新たに保険に入り直したほうが良いこともあります。保険のアドバイザーも今は多くあります。ネットでも見直せる時代なので、まずは見直しをしてみましょう。

ポルシェボクスターの維持費について知ろう

 

ポルシェボクスターについて、その魅力と維持費についてみてきました。ポルシェはとても魅力的な車です。1,000万円近い金額を出しても買う価値がある車です。購入する際には維持費のことも考えて購入しなければいけません。今回ご紹介したポルシェの6つの項目を確認いただき、維持費を具体的に知る前に比べ購入するビジョンが明確になったのではないでしょうか。ぜひ、楽しいカーライフを送りましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら