【種類別】FA20エンジンの特徴を解説|DITタイプの特徴5つ

FA20エンジンはスバルが開発したエンジンで、NAタイプとDITタイプという2つの種類があります。この記事ではNAタイプ、DITタイプそれぞれの特徴や、ドライブ方法から選ぶFA20エンジンなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

FA20とはどんなエンジン?

FA20とはスバルの水平対向4気筒エンジンです。

FA20は日本の自動車メーカーであるスバルの代名詞とも言えるエンジンです。左右にあるピストンがパンチを繰り出すボクサーのようにも見えることから、「ボクサーエンジン」とも呼ばれています。

また、FA20は2012年にアメリカの自動車専門メディア誌である「ワーズ オートワールド誌」の「2013ワーズ 10ベストエンジン」にも選ばれています。

FA20エンジンの種類

FA20には「NAタイプ」と直噴ターボの「DITタイプ」の2種類があります。

FB型をベースにしたNAタイプのFA20は、2012年に「スバル・BRZ」や「トヨタ・86」に初めて搭載されました。

一方、ターボモデルの「DITタイプ」は「スバル・レガシィツーリングワゴン」や「スバル・レガシィB4 」に搭載されたエンジンですが、NAタイプとの共通点は一部のみで、セッティングなどは大きく異なります。

【種類別】FA20エンジンの特徴

FA20エンジンの特徴についてご紹介します。

2012年から採用されているスバルが誇る水平対向4気筒エンジンであるFA20エンジンには、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここではFA20エンジンの特徴についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

NAタイプの特徴4つ

NAタイプのFA20エンジンにはどのような特徴があるのでしょうか。

スバルを代表するFA20エンジンには、NAタイプとDITタイプの2種類があります。この2つのエンジンは同じFA20エンジンという型式を持ちながらも、それぞれ全く異なった特徴を持っています。

ここではNAタイプの特徴4つをご紹介しますので、FA20エンジンの仕様の違いを知るうえでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

NAタイプの特徴1:最高出力・最大トルク

NAタイプの最高出力は200ps/7,000rpmで、最大トルクは205Nm/6,400-6,600rpmです。

NAタイプの最高出力は147[200]/7,000、152[207]/7,000、最大トルクは205[20.9]/6,400-6,600、212[21.6]/6,400-6,800となっています。

また、滑らかなエンジンでありながら加速の際のレスポンスにも優れているという特徴があります。

NAタイプの特徴2:スクエアストローク方式である

NAタイプはFB型エンジンをベースにしたスクエアストローク方式となっています。

スクエアストロークとはボアストローク比が1:1であるものを指し、ショートストロークとロングストロークの中間的な性格のエンジンです。

NAタイプはFB型エンジンをベースとしながら、ロングストロークタイプであるFB型エンジンとは異なり、スクエアストローク方式になっているという特徴があります。

NAタイプの特徴3:バルブ駆動にはローラーロッカーアームを採用

NAタイプはFバルブ駆動にはローラーロッカーアームを採用しています。

バルブの駆動方式はローラーロッカーアーム式を採用しており、カムシャフト配置の自由度を持たせながら、フリクション低減を図っています。

また、カムシャフト駆動もチェーン式となっており、FB型と同じく補機はサーペンタイン式を採用しています。

NAタイプの特徴4:燃料噴射装置にD-4Sを採用

NAタイプは燃料噴射装置にはD-4Sを採用しています。

NAタイプの燃料噴射装置はスバルとトヨタの共同開発となっており、スバルの水平対向4気筒にトヨタのD-4Sが組み合わされています。

D-4Sは希薄燃焼直噴エンジン「D-4」を進化させたもので、吸気ポート噴射と筒内直接噴射を組み合わせたデュアル燃料噴射方式となっています。燃料の噴射を状況によって切り替えることにより、全回転域で均質燃焼できます。

DITタイプの特徴5つ

DITタイプのFA20エンジンにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここまでNAタイプの特徴についてご紹介してきましたが、ここからはDITタイプの特徴5つをご紹介します。

FA20エンジンの仕様の違いを知るうえで、DITタイプの特徴をぜひ参考にしてみてください。

DITタイプの特徴1:最高出力・最大トルク

DITタイプの最高出力は300PS/5,600rpm、最大トルクは400N・m/2,000-4,800rpmです。

DITタイプの最高出力は221[300]/5,600、206[280]/5,700、最大トルクは400[40.8]/2,000-4,800、350[35.7]/2,000-5,600となっています。

DITタイプの特徴は、優秀な燃費性能かつ実用性のあるエンジンとなっています。

DITタイプの特徴2:直噴方式である

DITタイプはその名のとおり直噴方式を採用しています。

DITとは「Direct Injection Turbo(ダイレクト インジェクション ターボ)」を略した言葉で、日本語では「直噴ターボ」と訳すことができます。

その名のとおりDITタイプには筒内に直接噴射する直噴方式が採用されています。また、NAタイプよりもDITタイプのほうが直噴方式の高出力に耐えられるような設計になっているという特徴があります。

DITタイプの特徴3:TGVの調整機能

DITタイプはTGVの調整機能を持っています。

DITタイプは空気の量や流れを調整する「TGV(タンブル ジェネレーター バルブ)」を採用しています。このTGVの機能により、吸気の段階で空気の通り道を分割することができます。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら